【ボート前打ち】初めての経験♡パイルストラクチャーの際に狙いを定めてイガイツブ大を発射!!そこにおチヌ様が居れば食ってくる

やった!念願の初ボート前打ちへ行ってきました!短時間でしたが、釣り人が居る地波止の釣り場に比べてプレッシャーはもちろん少なく、おチヌ様が居れば確実に食ってきました!

前回兄貴が行った際に根こそぎ釣ったから、数はそれでも少なかったそうです(笑)

1月28日 ボート前打ち : THE BLACK STALKER
本日召し取ったゴーマルOVERは・・・      52㎝        53㎝        55㎝       56㎝ ロッドが全然立てれんかった奴らはどんだけデカイ...

めっちゃ楽しかったぁ(*´▽`*)

こりゃハマりますな!

ふささんボートはよ(笑)

スポンサーリンク

ボートde前打ち

ワクワクの出船

7時に船が出るという事でその前に餌となるイガイを採取して兄貴と待ち合わせします。

イガイは親指くらいかそれよりも大きいものをセレクトして採取します。

イガイ採取する時に、タモの柄が弱く曲がりやすいので、後日補強しました(笑)


乗り場に着き、潮を確認すると若干透け気味な感じです。

そして荷物を積み込み出船です。

海面も落ち着いた感じです。

兄貴を見ると現地到着前に準備をされています。

私も勝手がわからず、見よう見まねで準備します。

こういった船上で準備をするにはやはり、テレガイドの竿が便利です。

いざ実釣開始

本日ワタクシはBJ MS-42UMテレガイド仕様を使いおチヌ様を狙い撃ちします。

狙いどころを兄貴にレクチャーしていただき、落とし方、落とす場所を見て確認します。

ええか、狙うんはパイルの周り、ストラクチャーの下、影になってるところ。色々ある。

ほんで、その場所にちゃんと狙い通り落として行く事が出来て、そこにおチヌ様がおったら食ってくるから。

(・_・D フムフム

そして兄貴が仕掛けをパイルへ送り込み、見本を見せてくれます。

何回か落として狙いどころをインプットします。

そうしているうちに兄貴が早速ゲット!

イガイをポーン!‥‥

ドカーン!!

え!早ッ!もう来ましたん!!?

そんな感じでスタートしました!

そして私も第1投!

竿を左手、仕掛けを右手で持ち、穂先が曲がる位にしてその反発を利用して餌を狙いどころへ投げ入れます。

よし!うまくパイル横に落ちた。

軽く竿を引きラインにテンションをかけ、また緩め落として行きます。

‥‥

ギューンドーン!!

来ました速攻!!

ボートゆっくり流れる。おチヌ様走る。

水面と足場が近い。

色々な条件が重なり合って

めっちゃ引く!!!

ヤバイおもろい!

MSがこれもまた軟調竿の様に弧を描いてブチ曲がります!!

そして上がってきたのが、


第1投目からのお年無しおチヌ様!

一気にテンションが上がります!!

狙いどころ

こんな所のストラクチャー周りを狙うんです。

興奮するでしょ(笑)

とりあえず、パイルの際や影などいかにもおチヌ様が居てそうな場所を狙って仕掛けを送り込みます。

狙って餌を送り込み、回収し、また送り込み、

ボートが流れて行くのと、ストラクチャーの距離、そして兄貴との立ち位置などを考えながら繰り返し繰り返し狙って行きます。

これがまた慣れるまで難しい。

足場が固定しているわけではない(常に動いている)のでボートの流れを予測しながら前もって流れていく先に落とさないと

落としたはいいけど、すぐに離れてしまい、仕掛けをすぐに回収しなければならなくなってしまいます。

色々な事を考慮しながら、ストラクチャーに仕掛けを送り込みます。

ウホウホ!楽しい!!

そして1枚目ゲットから程なくして


それから

かなりの上層であたってきたり、兄貴とのダブルヒットもあったりしながら


あ、あかん

たのしすぐる\(^o^)/


めっちゃデカいイガイでも関係無しにガッツリ食ってくる!!!


私の落とし方が下手くそで、少しプレッシャーがかかってしまったのか、超バクバクまでは行きませんでしたが、行き帰りの時間を含めて3時間という短時間でまずまずの結果となりました。

詳しくは下記動画で

編集中(笑)

まとめ

ボート前打ち初見

人生初のボート前打ち。

結果!めっちゃ楽しかったです。

おチヌ様がそこに居ればガツンと食ってくるあのレスポンスの良さ、最高です。

これなら初心者の方でもウハウハできるのではないでしょうか??

以前兄貴がブログでも書かれていたように

難しいのは餌を狙ったところに送り込む事でしょうか。

Boat-Casting Rod : THE BLACK STALKER
 黒鯛(チヌ)の落し込み釣りの新しいジャンルとしてボートからの落し込み釣りがあります。東京湾などではヘチ竿やルアーロッドを使ったスタイルが定着していますが、...

この餌の送り込む精度でやはり釣果は変わってくるんだと思います。

しかしながら、このテクニックを必要としない状況も多々存在するので、初心者の方も問題無く狙え、比較的簡単に釣果を得る事が出来るのではないでしょうか。

因みに私も兄貴のブログで書いている弓矢のようにエサをを飛ばすボーアンドアローという技を使って餌を飛ばしたら、ストラクチャーの上に乗ってしまいました(笑)

しかし、その乗った餌を竿を手前に引き、ストラクチャーからポロッと落とし、そのまま落として行き、おチヌ様が食ってくる。

という場面もありました。

そんな方法もあり、色々な技を使って落とす事に慣れる為には練習がもちろん必要ですが、このボート前打ちは比較的プレッシャーも少なく、おチヌ様の居てる場所を狙って移動も可能なので、ほぼ釣果を得る事が出来ます。

繊細なアタリを取る釣り方も、それはそれで楽しいですが、機会が得れるなら、ざっくりとしたこんな釣りもめっちゃ楽しいと思いました。

いや、毎回これでも楽しいです(笑)

本日使用のタックル

竿 BJスナイパーMS-42UMテレガイド仕様

リール ダイワ リール 13 BJ 75D

道糸  東レ(TORAY) ライン 銀鱗スーパーストロングアイサイト 150m 4号 ライトグリーン

ハリス 東レ(TORAY) ハリス トヨフロン スーパーLハード 50m 3号 ナチュラル

鈎   がまかつ(Gamakatsu) 伊勢尼(黒) 8号

餌   イガイツブ大

おまけ

午後からはテトラやな。

どこのテトラ行く~?!

という事でこの後テトラへと旅立ちました(笑)

どんだけ好きやねんww

スポンサーリンク
スポンサーリンク