【目印落とし込み】キビレ祭りのこの時期こそ、おチヌ様を狙い撃ちでリベンジ成功!!

前回のこのポイントに釣行した際は

【目印落とし込み】今回の朝練釣行某所湾奥垂直。ぐへへへ('ω')ノ orz.…
今回もイガイを使って目印落とし込み朝練行ってきたキビ。 1投目から入れ食いだったキビ。 朝日の出から8時過ぎまでで 20枚くらいだったキビ。 お...

祭りだった場所(*´Д`)

今回の朝練の目的はこの場所でおチヌ様をゲットしてやろうという魂胆(笑)

総合釣果より

おチヌ様!!

リベンジだぜ!!

スポンサーリンク

何故このポイントに?

google先生に聞いて見ると、どうやらこの時期は色々な環境が重なり、キビレさんが他の時期に比べて多いとの事。

大きく言うと、その地域なのか、沖なのか、湾奥なのか、

細かく言うと、同じ釣り場でもちょっとした場所の違いなのか、棚なのか、時間なのか、

しかし、キビレさんが多い時期と言われるけれど、もちろんおチヌ様も居てる。

このおチヌ様とキビレさんを釣り分けてこそほんとうのUROKODOであると同時に

最近私が意地になって意識して取り組んでいる所でもあります。

落とし込みを始めて1年程ですが元々キビレさんが釣れようが、おチヌ様が釣れようが、大きかろうが小さかろうが、とにかく釣れればなんでも嬉しかったのですが、

兄貴と釣行するうちに、兄貴はキビレさんとおチヌ様を釣り分けている事に驚きます。

そんな事が出来るんだと。。信じられませんでした。

というか、今までそんな事を意識せずに釣りをしてました。

しかし、意識をしてからと言うもの、兄貴の釣果を見ても事実結果も出てるし、色んな方のブログなどを見ていると、文章の端々にそれを感じさせる言葉がある事に気づきました。

あぁ、上手い方は意識して釣っているんだ。。。と

ここから私は浅はかながらもいろんなことを意識しておチヌ様とキビレさんを釣り分ける事に執着し始めました(笑)

今回のこのポイントはキビレさんが多い中でもおチヌ様が上がった実績があり、そのおチヌ様を意識した釣りの練習には持って来いだと思いこの場所に決めました。

ただ、もともとキビレさんしかいない釣り場はキビレさんしかいませんが(爆)

脱キビレ祭り

前回の概況

前回のこの場所での釣行は前日に雨が降っており、キビレさんが上層に沸いており、その下におチヌ様が居たようです。

上層のキビレさんを避けて下のおチヌ様を狙う事が必要でした。

私はと言うと、イガイ・ザ・ドリフト釣法でハリスを馴染ませるところから上層でしっかりと餌を際キープしてたが為に全て上層のキビレさんにアタックされてしまいました。

良い濁りが入り、活性は高すぎる位高く、短時間でキビレさんを20枚オーバー(笑)

さて、今回はどうだったのでしょうか。。

いざ実釣

まだ日の出前、暗がりの中いざ実釣開始。

いや。目印見えへんから、見えるまで我慢(笑)

そして、目印がなんとか見える様になってからスタート

最近の実釣で分かったのは、朝、薄暗い時にはイエローが比較的良く視認出来る事が分かりました。

第1投、2投と仕掛けと目印の馴染みを確認します。

そして第3投。

目印が2,3個入った所

パシュッ

うりゃッ!

ビチビチビチ

キババちゃん(*´Д`)

ふむ。活性は悪くないようだ(笑)

内錘にするとチモトがやられやすく、新たに鈎を巻きなおします。

そして、巻きなおして数投目、

目印が最後まで入ってバカ糸も入れて、仕掛けを上げようかな~と思ったら仕掛けが横に流されます。

ありゃ?

とりあえず合わせな!!

竿と腕を引き上げ聞き合わせる感じにすると

ドーン!

よー引くけど前走ってますやーん(笑)

やはり上がって来たのはキビレさん。

ここで考えます。

このパターンは前回違うのか??前回は水潮の気があったので上層にキビレさんが沸いてたけど、今回はセオリー通り上層におチヌ様で下にキビレさんパターンか??

キババちゃんはおチヌ様と混在??

とにかくおチヌ様はかなり上層に浮いておりキビレさんはその下に居てると仮定

落とすイメージを組み立てます。

まずハリスを馴染ませるところから丁寧に。

そして目印半分くらいまでに絞って落として行く。半分まできたら少しステイ。

イガイ1枚の内錘で上層からドリドリして際をキープ

上層に狙いを絞って落とします。

如何に上層でおチヌ様に餌をアピールし、食わせる事ができるか。

その下にはキーさんが待っている!!なんとしても上層でくわせるんだ(笑)

ハリスを馴染ませながら、目印を外に払い目印を1,2個浮かべながら落として行きます。

潮が横に流れているので、目印が壁に対して直角になるようにゆっくりと移動しながら落として行きます。

それを続けていく事10数投目。

目印が1つ、2つ、3つ

ツツツッ

動いたと思うや否や

ギューンッ!

一気に走り出します。

慌てて竿を立て、体制を整えます。

足場と水面が近いせいか、

ものごっつ引く!!

今までの引きとは全く違います!

これはさすがにおチヌ様やろ!!

そう思いながらも前に走られたりして、少し不安になります。

しかし、そんな不安もすぐになくなります。

ギラッと見えた魚体は正しくおチヌ様!!

おニューのランディングポールⅡをシュルシュルッと出しタモ入れ成功。

そして上がって来たのは


やっぱりおチヌ様上やってんや!!

狙い通りに上がってきた念願のおチヌ様!!

そして、その後も上層に居てるキババさんは交わす事はできないものの

他の方のアタリが減って行く中で、

上層ステイ釣法で


狙っておチヌ様を釣り上げる事が出来ました。

帰る頃には見えチヌもボチボチいたので、その後も良さげな感じでした。

それを考えると時間でもおチヌ様が居てる割合も変わっていたのかと思います。

しかし、釣行できる時間帯は仕事があるので決まっているのでおチヌ様が増える時間帯を狙う事は出来ないので、悩ましい限りです(笑)

とはいえ、短時間釣行ながら他の方はキビレさんだけの釣果の中、私だけおチヌ様が釣れたという事は、狙いはあながち間違いではなかったと一人納得して納竿となりました。

まとめ

この季節限定?!

釣行当日も、みんなキビレの釣果が多かったという事は、やはりこの釣り場はキビレさんが多いという事がわかります。

今回釣行で分かった事は、おそらく日の出前後~しばらくはやはりキビレ祭りが開催されていると思います。

そして、もちろんおチヌ様もいてますが、その日の状況に応じた棚の狙い分けでキビレさんをかわさないと、おチヌ様にたどり着く事ができきないと思います。

その後、同業者の方に話を聞くと、アタリが極端に減ったという事なので、キビレは更に下に行き、見えチヌが居たという事からも、時間帯でおチヌ様の割合も変化していくんだと思いました。

それにしても、上層に居てるおチヌ様を狙って釣るのは

萌えるっ!!

blackyさんのブログにも書いてましたが、

『スライダー』
今回はハングでスライダーの練習。スライダーを覚えた場所なので、ここでたまにやらないと勘が鈍ってしまう気がする(笑) と言いつつも、魚影が見えたので、まずは垂直…

色の狙い分けを考えながら釣る楽しみと、

あともう一つ重要な事が、

同じ釣り場で同業者が自身の前を探っていても、狙い所が違うので

その後ろを探っても

釣れるんです!!

誰かが落とし、何もなかった場所をその後すぐにそーっと確認してみると

おチヌ様が居てるんです。浮いているんです。壁に付いた餌食べとるんです(笑)

もちろん何人もの人が幾度となく落とし続けるとそりゃプレッシャーもかかるでしょうが、

たかが数人くらいだと(釣り場の広さにもよりますが)それもあまり関係ありません。

狙い方も違うでしょうし、、

そしてこの狙い分けも、このキビレさんが沸くこの時期だからこそ、意識してやる事でよりゲーム性が出てくるので、楽しみの一つではないでしょうか。。。

それに加えて、型を狙い分けも次の課題です。

この型の狙い分けも、まだブログに書けるほどではないのですが、色んな釣り場や、自身のブログ、色んな方の話、ブログなど見ていると、これも端々にヒントがありました。

意識してます(笑)

言うても1cmの狙い分けなんてできません(笑)

チャイチールかそうでないか位ですよ。

アタリが欲しいのか、サイズが欲しいのか、、、悩ましいところです(笑)

しかし、まぁ、なんですか、

思い通りに行くとめっちゃ満足度高いッス(自己満足)

本日使用のタックル

竿    ダイワ(Daiwa) ロッド ブラックジャック スナイパー MS-42UMテレガイド仕様

リール  ダイワ(Daiwa) リール 13 BJ 75D

道糸   サンライン(SUNLINE) ライン 黒鯛イズム 落とし込み黒鯛マークウィン 100m #2

ハリス  東レ(TORAY) ハリス トヨフロン スーパーLハード 50m 1.5号 ナチュラル

鈎    がまかつ(Gamakatsu) バラ 伊勢尼(黒) 8 6,7

餌    イガイ1枚内錘

目印   25cmピッチ2.5m

スポンサーリンク
スポンサーリンク