【目印落とし込み】たまには真面目に朝練?釣り場に応じた落とし方でおチヌ様ゲット。

朝練という名のただの釣りへとまたまた行ってきました。

先日の神戸激流ポイントや尼ピースリットが楽しくて、普通の壁では物足りなくなるという贅沢な今日この頃。

【目印落とし込み】沖堤防ランガンで1日釣り倒し(笑)釣り場に応じて落とし方をアジャトしたらおチヌ様ウハウハ
今回の休みの日曜日は 最近みんながウハウハしてる場所へと沖堤ランガン(笑)1日で2カ所行ってきましたぜ!!   神戸渡船 de 沖堤テクニカルなのに...

今回の朝練という名のただの釣りを、ちゃんと朝練になる様に、それぞれの釣り場で課題を設けて落として行こうと言う独り善がりの釣行してきました。(結果論w)

スポンサーリンク

ラン&ガン de 朝練

先ずパイル&ハング地獄

狭い釣り場ではありますが、アベレージも高く激流でテクニカルなポイントです。

ここは、潮が高い時は狙い所となるハングやストラクチャーが完全に沈んでしまい、言葉で上手く説明できませんが、狙いにくくなります。

しかし、その狙いにくい状況でドリドリ釣法を駆使して送り込むという無謀な課題を設定し落としてみました。

ハングの所におチヌ様が見えるにも関わらず、一切食ってきません。(見切られてる?)

そして、今度はストラクチャーへと送り込む為に色々やってみると、結構良い感じで送り込む事が出来ます。

しかし、パターンにはまらず(下手なので)あの手この手を試して送り込みます。

しばらく落としますが反応が無いので、(下手なので)

とりあえず、また潮の低い時に来ようと心に決め

(言い訳)

移動(笑)

激流の壁

次に向かったのは激流壁ポイント。

この釣り場もそんなに広くなく、ランガンポイントの一つです。

ここもアベレージが高く、前回ここに来た際も年無しおチヌ様をゲットしてます。

【目印落とし込み】仲間が沖堤行って楽しそうやから、私は二日連続朝練で地波止ランガン。大雨の二日後はdead or alive ??
前日のこの日。私は朝練でその後真面目に仕事でしたが、 愉快な仲間たちはその日、 初めてのスリット目印。内側の壁に当てるのが難しくて垂直に逃げようかと...

ここでの課題は如何に流れの早いなかで、際をキープしながら落とせるか?そして、際をキープしながらどういった落とし方をすれば食って来るかを意識しながら落とすという、まぁ当たり前の事を課します(;’∀’)

ここは激流で壁に対して真横に潮が流れてます。その潮の早さにもより落とし方が変わってきますが、

激流に負けず、縦の釣りをするのか、

この流れに逆らわずに際を流すように落とすのか?

大きく分けてこの2パターンが考えられます。

そして、今回この場所でおチヌ様をゲットできたのは流れに逆らわず、際を流すように落とす事で食ってきてくれました。

流す様に落とすと、かなりの速さなので、イガイの散歩状態です。

そして目印が入り切ったら引き上げて少し戻りまた流れに逆らわず際を流して行きます。

流す時に、目印は張らず若干ふけさせた状態?!を保ちます。

そうそう。この激流が

萌える!

こういったテクニカルな所?を欲してしゃーないんです(笑)

裁縫の返し縫いの様な探り方で満遍なく探って行くと、

数回ツンッツツッアタリがあり、合わせますが素鈎を引きます(;’∀’)

それでも続けて落として行くと

目印が少しずつ沈みながら流れていく途中で

ピタッ

流れているのに止まる。なんとも不思議なアタリで

うりゃっ!

と合わせると

潮の流れとおチヌ様のパワーの相乗効果で

ものごっつい引き!!

対パイル用で用意したMSが、ブチ曲がります。

今回も年無しか?と期待しますが、引きの割には

少し小さめの元気なおチヌ様


サイズは小さめでしたが、かなりの引きを堪能し一応課題もクリア?で

移動

刈り上げ殺法 de おチヌ様

そして今度はいつもの朝練ポイント。

このポイントは行く日行く日、微妙な感じ。良くも悪くも無い感じ。。

釣友さんの話を聞くと午前中は下げ、午後からは上げの潮が良さげな感じ。

でも、最近行く時は午前の上げの時間帯ばかり。

おチヌ様は居てるにはいてるのですが、

ポツポツとアタリを拾う感じが続いています。

(まぁ、自身の下手もあるし、その日、その時のタイミングもあるのでしょうが、、)

そして、釣り場に着くと同業者が何人かおられます。

その内二人の方に話を聞くと、前日はぼちぼち良かったものの本日は全体的にあんまりな感じ。との事。

しかも、その話を聞いたお二方とも私のブログを読んでくださってる方でした!

ありがとうございます(*´▽`*)

やはり、下げの時が良いのだろうか??

あかんかった時の言い訳を考えながら、どこで落とそうかと迷っていると、、

いつも落とす場所全域に、既に同業者の方が入っており、歩きながら竿をしゃくってる釣り人まで(笑)

こりゃあかん罠(*´Д`)

叩かれまくっとる罠

じっくりと落とせば、もちろんアタリを貰えるでしょうが、それをするより誰も落としてない場所を探る方が効率が良いと思い、(時間が限られてるため)

いつも落とす場所も一応落としますが、ポイントを絞り落として行き、その後いつもは落とさない場所でじっくり落とし込む事に。(文章がへんやな。なんのこっちゃw)

いつもは落とさない場所(他の人もあんまり落としてるのを見た事が無い場所)を集中的に落とすって事です(*´Д`)

この場所はいつも落とす場所と形状が違っており、ここはここでテクニカルな場所です。

落とし方としては3種類ほどあり(その場面に応じてもっとあるケロ)、その中でも一番楽しくテクニカルな落とし方縛りでおチヌ様を狙います。

名付けて

刈り上げ殺法

(なんのこっちゃ。殺法やしすでに釣法でもなくなってるしw)

とにかくその殺法で一つ一つ丁寧に落とし探って行きます。

イメージとしては、斜めの壁を逆カーブフォールで落として行くような感じでしょうか?

(わかりにくっ)

目印でこの殺法をするには、目印を張る、緩めるを交互に行い落として行きます

(よけいわかりにくっ)

まぁ、なんですな。とにかく楽しいテクニカルな落とし方っちゅう訳ですわ(;^_^A

それを続ける事10数投目、

狙い通りに餌を落として行くと

ギラッ!

と魚影が見えたかと思うと

目印が

パシュッ!

うりゃドンギューン!!

これまたものごっつい引き!!

またもやMSがブチ曲がります(笑)

ほんまここのおチヌ様はパワーゴイスーやな

そんな事を思いながらやり取りし上がって来たのは


good size のパワフルおチヌ様。

そしてその後も少し探りますが、まだあまり活性が高くない様で、、時間も少しありましたが

納得刈り上げ殺法でゲット出来、満足したので納竿としました。

まとめ

一応朝練??

ここ最近、朝練という名のただ竿を曲げたいだけの短時間釣行ばかりだったので、一つくらい自身に課題を設けて釣るという事をしてみました。

まぁ、結局いつもの釣りと変わらなかったんですけどね(爆)

その釣り場に応じて色々な落とし方、攻略の仕方がありほんと面白いです。

こりゃ睡眠時間やばいな(*´Д`)

本日使用のタックル

竿    ダイワ(Daiwa) ロッド ブラックジャック スナイパー MS-42UMテレガイド仕様

リール  ダイワ(Daiwa) リール 13 BJ 75D

道糸   サンライン(SUNLINE) ライン 黒鯛イズム 落とし込み黒鯛マークウィン 100m #2

ハリス  東レ(TORAY) ハリス トヨフロン スーパーLハード 50m 1.5号 ナチュラル

鈎    がまかつ(Gamakatsu) バラ 伊勢尼(黒) 8

餌    イガイ1枚内錘、ダンゴ

目印   25cmピッチ2.5m

スポンサーリンク
スポンサーリンク