ワカメテトラ萌え!やいやい釣法炸裂でアタリまくりのバラシまくりで釣りまくりでゴリゴリ引き摺り出した55㎝おチヌ様ゲット | ローレルの釣りハマってます!!

ワカメテトラ萌え!やいやい釣法炸裂でアタリまくりのバラシまくりで釣りまくりでゴリゴリ引き摺り出した55㎝おチヌ様ゲット

日曜日は久しぶりのガッツリテトラへと行ってきました。

9時半の船だったので、朝イチ少し時間があったので地波止朝練行きましたが、ここも祭り会場と化してました\(^o^)/

しかも途中でお腹痛くなって1時間程で退散ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

流石にオープンスペースのこの釣り場では・・・・

それでははじまりはじまり~(;’∀’)

スポンサーリンク

谷一渡船さんで久々の和田防へ

神戸随一の沖テトラ和田防へ

神戸周辺のテトラと言えば、神戸以西に行けばそれなりにあるけれども、

広さ、おチヌ様の魚影の濃さ、どれをとっても1番ではないでしょうか?

知らんけど‥‥

私は今までええ思いした事がありません(*´Д`)

今回は谷一渡船さんにお世話になり、9時半の便で和田防へと向かいます。

乗り場に着くと、知った方々が(笑)

O氏にD氏、MさんにTさん

皆さん新波止へと行かれるそうです。

その中で、Tさんは私たちと同じ和田防へと行かれるとの事(笑)

船の中、みんなでキャッキャ言いながら話していると

あ!

っという間に到着。

到着すると心の師匠が落としているのが見えます

私も早速準備して落とし始めます。

久しぶりのガッツリテトラなので、楽しみです。

ワカメやいやい

荷物を置いた場所(東の白灯台)らへんから際っ際を狙って落として行きます。

もちろん、際っ際にも前にも、至る所がワカメで覆われています。

そんな中で、比較的ワカメが少ない所を狙って落として行くのがセオリー?なのですが

そんな事お構いなしに、

とりあえず際

を狙い、やいやいさせておきます。

すると程なくして

その後、やいやいしてるとポツポツと当たり、2バラシを追加した後に

しかし、潮が低くなるにつれてアタリが無くなって行きます(´;ω;`)

恐らくですが、アタリが無くなるのは、潮が低くなっておチヌ様が居なくなるのではなく、

潮が低くなる事でワカメという障害物が、より強固なものになり、おチヌ様がいるであろう場所であるワカメの下に仕掛けを送り届ける事が難しくなるんだと思います。

やいやいしても、ワカメにやいやいされかえされるというか、、、手返しも悪くなります。

この場合はあーして、こーして・・・

色々と思いつきます。。

今度やってみよw

そうは言っても、やはり潮が高い方が手返しも良いので、一旦休憩で潮が上がってくるまでお昼寝タイムww

休憩中に心の師匠に話を聞くと、

潮が高いのと、時合いも重なった感じでしょうか、やはり朝イチはよかったそうです。

私たちが到着したころには、その時合いの残りっ屁を頂いた感じなのでしょうか。。。

Re.ワカメやいやい

潮が上がって来た、午後2時過ぎ、再びやいやいし始めます。

すると、やはり潮が上がって、ワカメの動く幅が増えたのか昼寝前の潮が低い時よりも格段に落としやすくなっています。

そして、またやいやいしていると直ぐに

グッドサイズおチヌ様ゲット!

それから徐々にアタリが増えて行きます。

何度かバラシを加えて、やきもきしながら更に落とし続けると

際っ際のテトラに囲まれたワカメだらけの穴に落とすと

まるで、カンダイの様に

ズコンッと竿が持って行かれ、

竿の1番が全て水面下に((((;゚Д゚))))

ゴンゴン下へと突っ込むやり取りに、

やっぱりカンダイか!!

と思いながらもゴリゴリ引き摺り出して行くと

黒い魚影が!!

おチヌ様~!!!

しかも超カイデー!!

穴から引き摺り出してビックリ!

タモ入れして釣り上げてビックリ!

サイズ測ってビックリ!

自己最高記録と同じ

松井秀●おチヌ様!!

しかもパーフェクトハグキ!!

嬉しい1枚をゲット出来たところで

久々登場本日のベストショットを兄貴に撮ってもらいます

ここからは調子に乗って再びやいやいしていくと

直ぐに追加でゲット

更にやいやいしていくと

少しずつアタリも増えてきて

バラシもありますが、着々とおチヌ様を追加して行きます。

が!
ここからが、微妙(´;ω;`)

アタリがガンガン増えて、スーパー時合いに突入するのですが、

取れん!

掛けてもバレる!!

バラーシ連発!!!

近くに居てる兄貴は

まるでカツオの一本釣り?の様に

同じ場所でポンポン釣り上げてます((((;゚Д゚))))

アタリがあるのに

取れん!!

ムキー(# ゚Д゚)

ってなりながらも

やっとの事で

結局その後も更にバラーシを量産して

納竿となりました( ノД`)シクシク…

帰りの船で、新波止に行かれたメンバーに話を聞くと、

ダメダメやった。

壁もあかん、テトラもあかん!

との事でした。

近い場所でも、釣れる、釣れないの差がある事を思い知らされ、

当たり前の事ではありますが、同じ場所でも釣れ続ける事は無いのだと再認識させられました

その二日後の和田防

課合致はんが、平日釣行で

新波止と和田防へと行かれましたが、

両方共

撃沈(*’▽’)

Ω\ζ°)チーン

釣れていても、その後も釣れるかと言えば、それは分かりません((((;゚Д゚))))

1日たてば、状況もガラッと変わる事も多々あります。

ええ時もあるし、悪い時もある。

それが実証されてしまいました(;^_^A

まとめ

結局のところ、いくら釣れている場所でも

1日で状況が変わり釣れなくなる

という事を目の当たりにしてしまいました

こればっかりはどうしようもない事ではありますが、

釣りに行かないと分からないですし、

同じ場所に通わないと分からない事です。

そして今回釣れたおチヌ様は、産卵後のアフタ―のおチヌ様ばかりで、

まだまだシーズン本番前って言う感じでした。

55㎝のおチヌ様はアタリも引きも素晴らしく、これぞおチヌ様!という感じでしたが、

総合的に見ると、アタリも繊細で、それでいてバラーシも多い。

ゲット出来たおチヌ様もパワフルというよりも

ヌターっとした引きでした。

更に壁でアタリが少なく、テトラで釣れる。

しかも、日替わりで沈黙状態にもなるし

まだまだおチヌ様は、産卵後でテトラのワカメ下で回復する為に休んでる個体が多いのでしょうか?

これが回復してきたら、また楽しみですね(*´▽`*)

あ!

バラーシ多すぎたのは私自身の下手さもありますし、

回復前のおチヌ様なので、食いが悪いという事で

夜露死苦!!

はぁ。。。(´;ω;`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク