【目印落とし込み】予想的中するのはかなり萌えますな(*´Д`)激流ポイント朝練で年無しおチヌ様ゲットほんまエイかと思った

浅はかな予想ではあるけれど、それにピタッとハマったら

萌えますな

スポンサーリンク

前日の予想 & 妄想(釣り場選定)

北東の風か~(;^_^A

でもなーええねんなぁ(多分)

今週の潮は先週までと違って、朝イチから満潮からの下げ潮。

何度か、今の時期午前中は満潮からの下げが良い(釣り友からの情報と自身のデータを元に)とブログで書いた事がありますが(大阪湾奥限定?!)

私が朝練釣行できる時間帯がこの水曜日~翌月曜日まで正にその状態!(決まった時間にしか行けないのでここ重要)

その中でも本日は日の出と満潮がほぼ同じ時間でかなり良さげ

しかも新月大潮の手前の中潮。

何故良さげかと言うと、朝練するにあたって下げ潮で長く釣りが出来るから(個人的理由)

そして自身の経験上満月前後より新月の前後の方が実績が高いんです。

まぁ全てたられば且つ、今までの結果論なので、もちろん全てにこれが当てはまるとは限りません

が、

個人的には是が非でも行っておきたい日です(笑)

けど夜通し北東の風やねんなぁ…

んー

北東の風に対して前向き条件を頭の中で検索します(;^_^A

‥‥

‥‥

‥‥

北東って事は釣り場は透けるよなぁ‥

でも今まであまり良く無い感じの潮が湾奥に入り浸ってたから、逆に沖からのきれいな潮が入ってくるという事やから実はちょっとマシになるんちゃうかなぁ…

と言う事はやっぱり潮の動きからしても満潮からの下げが良いな。

しかも今まで結構な濁りやったから、そこまで透けないんちゃうかな。

それを考えると奥まった所より比較的潮通しの良い釣り場が良いか。

新しい潮と今までの潮が混ざりそうな所。

ほんで、この時期風裏やったらきついやろうから、北東の風があたってたらちょっとはマシか‥‥

いや、上の条件やったら別に風裏でも行けるか?

googleマップを見ながら&独り言発しながら釣り場を探します。。

何カ所か候補を上げながら更に詮索して行くと1か所今回の条件にバッチリ当てはまる場所を見つけます。

ここええんちゃうかな。

北東向きの釣り場で、潮通しが良すぎる位良くて、壁で水深は他の釣り場より比較的浅いけど激流ポイント。

水深が浅いからこそ、潮の入れ替わりもあり影響を受けやすいし、良いのではないかな?しかも竿を出す時間帯は満潮からの下げなので水深もさほど気にする事も無いやろ

ほんでもしあかんかったら近くにランガンポイントもあるしそっちに移動すれば良い罠。

けど、北東向きの釣り場なので、日が昇ってくるとガッツリ日が当たるので、朝イチ勝負やな。

この予想が的中したら、多分場所的にもええサイズのん期待できるなぁ~

パターンはまったらウハウハやで(笑)

でも普段行かへん釣り場やから不安もあるけどな~

まぁええわ。よし。とりあえずここにしよう。

妄想終了

morning practice

激流ポイント

釣り場に着くとノーゲスト。

予想通り真正面に風が程よく当たり、波ッ気があり良い感じ。

濁りは・・・と

お!ボチボチ濁ってる。

目印仕掛けを準備し内錘で貝を付け先ずは馴染みを見る為に落としてみます。

うん。ごっつい流れや。

人が歩くくらいの速さで潮が流れてます。

仕掛けを投入し、目印が壁に対して直角になる様に流れについて行きながら目印捌きます。

コンコンコン

流れは速いが、壁を舐める様に貝が落ちて行く時に出る心地よい目印の落ちて行き方に満足し

そのまま落として行く事に。

激流ではありますが、軽くテンションを掛けながら足を使い、流される方向と逆に目印を捌き目印を1つだけ水面に浮かべる状態をキープしていくと、上手い具合に壁際をキープしながら落ちて行きます。

そして数投目

目印が落ちて行かない?!

付着物に乗っかったのか?と思いながら聞いて見ると

ドーン!!


早速来ましたおチヌ様!しかしサイズの割には良く引きました。

とりあえず1枚来たので、この釣り場を選択したのは間違いなかったかな?!

という安堵感が湧き出てきました(笑)

しかしされど1枚といいますが、まだ1枚。

もう1枚、いやもっと釣ってからでないと

間違いない

と言う事は証明されません。

いや、釣れるやろ。どうやろ、あかんかな。

そんなちっぽけなこだわりを意識しながら再び落とし始めます。

この1枚上げてからの再投の際のワクワク感はたまりません。

そして数投目

目印が入り切った所で

ふわっ

目印のいちばん最後にしもり玉を付けているのですが、沈んだはずのそれが浮いてきます。

反射的に手首を返し合わせると

ドギューンッ!!

タフフォーティが一気にブチ曲がります!!

一気に真横に走り出したかと思うと今度は沖に向かって走り出します

キビレさんか?!

それにしても凄い引き。

少しテンションを緩めて魚が落ち着いた所で

リールをシャコシャコさせて一気に引き寄せます。

すると

グィングィン

と頭を振って抵抗します。

あれ?やっぱりおチヌ様か?

近くまで寄せてきて一気に引き上げます。

ギラッ!

!!おチヌ様!!

魚影を確認しおチヌ様と確信します

しかもデカいっ!

何度も突っ込まれやっと上がって来たのは


真っ黒な魚体のmonster おチヌ様!!

やっぱりおった!デカいのんおった!!

めっちゃ嬉しい(*´Д`)

それにしても久しぶりや罠

朝練でしかもこんな短時間で2枚取れるなんて~

いやいや、ここで満足してたらあかん。

まだまだ時間あるしこっからやで!

独り言全開で落として行きます。

しかし流れが速く北東の風の影響もあってか、水面際にゴミがわんさか流れてきました。

このままではゴミで覆いつくされてしまうと思い急いで餌をセットし、ゴミがまだたどり着いていない所まで走り落とします。

落としているとどんどんゴミが近づいてきます(笑)

ポンポンと手返し良く落として行くと

パシュッ

目印が走ります

すかさず合わせてやりとり開始!!

やはりものごっつい引きを見せます。

そうしてるうちにファイトフィールドはゴミまみれ(笑)

そして

上がって来たのはやはりこのお魚


ええサイズのキビレさん(;’∀’)

素早くリリースして、またゴミがたどり着いていない場所へとはしり落とします。

するとすぐに

目印がツンッ

からのファイト開始!

これもまたギュンギュン突っ込み

走り、なかなか上がってきません。

そうしているうちにまたもやゴミの中で格闘する事に。。

プチッ

テンションを掛けながらやり取りしている所に

上手い具合に丸太みたいなのが流れてきて

切れちゃいました(´;ω;`)

そして、目印を再び付け替えて、さぁ落とすぞと言う頃には釣り場前面ゴミだらけに(;^_^A

しばらくゴミが流れて行く間休憩し、ゴミが少なくなってきた所で再開。

ゴミが所々際に残ってる間を縫って落とします。

が、手返しも悪いのもあってか、アタリが少なくなったような感じ。

それでもめげずに落として行くと。

ツツツッ

目印が走ります!

うりゃッ

と合わせると

乗りました!

やはりこれまた凄い引き!!


ぜぇぜぇ言いながらやり取りして上がって来たのはそこそこのおチヌ様

けど、ほんま今日の魚はめっちゃ引く!!

そして、ゴミもまた増えて来たし、アタリも減って来たからなぁ~

と思いながらも落として行くと


ゴミの中からおチヌ様(;^_^A

どうやらまだまだ釣れそうです(笑)

しかし、ゴミの中で落としていると手返しも悪くなりそうだし、日も当たって来たので、もう一つのポイントへと移動する事に

超激流ポイント

ここは以前にも年無しおチヌ様を上げた実績ポイント。

釣り場自体はそこまで広くないのですが、激流かつ頻繁に流れが変わります。

際自体は垂直の壁なのですが、その激流のせいでかなりテクニカルなポイントでもあります。

仕掛けをセットした状態で車で移動したので、到着後すぐに竿をを出し落として行きます。

超激流なので、糸錘はそのままで餌をダンゴ繊維掛けにして際を流す様にして落として行きます

すると程なくして

ツツツッと目印が走ります

早速当たりますやーん(*´▽`*)

テンション上がりながらやり取りします。

が、上がって来たのはキビレさん(;’∀’)

素早くリリースして仕掛けをチェックし落としまたアタリ

そしてキビレさん。

もうキババさんから流行りのデカキビレさんから

わんさか。何枚上げたかも分かりません(;^_^A

祭りの真っ只中(笑)

と言う事で必殺仕掛けに変更して横の流す釣り方から超縦の釣りに変更して上層のキビレさんを交わしながら落として行きます。

するとそれが上手くマッチしたのか


やはりものごっつい引きを見せて上がって来たのは良型のおチヌ様。

その後しばらく落とすと


37,8cm位のチャイチールさん。

しかしこのサイズでも良く引きます。

ここで釣り友の新さんが登場。

新さんがここに来る前に行っていた釣り場はアタリはあるものの

多胡氏さんが多く落とすには厳しいとの事でここに移動されてきたそう。

色々と情報、状況交換をしながらもボチボチと落として行きます。

なんじゃこりゃ!

話しながら落としていると、

目印が入りきった所で

ピタッ

うほっ!気持ち良い止まりアタリや。

そう思い、肘を下げながら竿を引くように聞いて見ると

重みが乗ります

北!!

そのまま追い合わせしてやり取りしようとしますが、

ん?

重みは乗るものの動きません。

あれ?根掛かりやったか??

あーあ引っかかってしもた。

と気を緩めた瞬間

ゴゴゴゴゴゴ

根がかった物体が潜水した状態で沖にズンズン動き出します。

ありゃ!やっぱり掛かってる

いやでもこのこっちのやり取りに左右されない直線的な動き、

エイや!

新さんやってもうた(´;ω;`)エイかけてもーた!!

そう言いながらやり取りし、ラインを切るか、せめて目印だけは回収するかを考えていると

今度は一転、

そのエイが反転して沖から壁に走り出します。

あれ?この動きエイじゃない??

反転したかと思うと、今度はまた沖に走りながら下の方を泳いでいたのが今度は上層の方に上がって来ている感じ。

ん?

このパターンは以前に経験した事あるな。

新さん、やっぱエイちゃいました。ハネですハネ!スズキクラスかもー!!

とにかく掛けてしまったものは仕方ない。

何とか上げてみようと頑張ります。

が、しかし、この激流も手伝ってか、思う様にイニシアティブを取れません。

グーッと横に走られ、なすすべもなくそれについて行き私も横に移動します。

その横に走る魚を追い越して進行方向に竿をやり、今度は反転させます。

ゴゴゴゴゴ

やっぱりエイか!?

そう思わせる直線的な動きに翻弄されます。

このまま切られるのもしゃくやし、姿だけでも見てやろう!

そう思い竿で溜めながらやり取りし、徐々に徐々に浮かせて行きます。

慎重かつ丁寧に、時には力強く引き上げていきます。

ギラッ

禍々しい真っ黒な魚体が見えます!

真っ黒?

真っ黒!!?

うぉ!チヌや!!

新さん、やっぱりチヌでしたー!!しかもめっちゃデカいっす!!

一気にアドレナリン分泌マックス状態!!

一旦姿を見せたそのおチヌ様は

今までの動きは嘘だったかのように

典型的なおチヌ様の動きに変わります!

ゴンッゴンッ!!

と首を振り出し、

ギュイーン

と底へ突っ込み、ものごっついパワーです

それでも何とか浮かせてきて

やっとや!

と思ったらまたギュイーンと突っ込まれ

幾度と繰り返して

やっと空気を吸わせることに成功。

やっぱデカッ!!

慎重にタモ入れして上がって来たのは


デカいけど、あのものごっついハネの様な引き方、エイの様なパワーだった事から考えると少し予想外の

(贅沢ですが、もう少し大きいかと思ってました)

52.5cmのおチヌ様!!

ふぅ。

楽しかった!

まだまだこれから釣れそうな雰囲気ムンムンでしたが

時間もギリギリだったのでここで気持ち良いまま納竿となりました。

まとめ

激流ポイント

先ず朝イチのポイントでは、後に話を聞くと、ここらへん近辺の常連さんたちは、キビレしかいないから、と言う事でこのポイントにはあまり来てないようでした。

おそらくキビレも沢山いてるでしょうが、

日の出満潮、潮の流れ、濁り、、風、色んな条件がマッチするとおチヌ様が釣れる事を証明する事が出来ました。

ポイントとしては水深が浅い釣り場と言う事だったかと思います。

今までの良くない潮が風と満潮によって上手く入れ替わりいち早く影響が出るポイントだったのかなと言う

結果論です(笑)

たまたまだとは思いますが、予想し、それが的中したのが

萌えます(*´Д`)

ゴミが溜まるのは想定外やったなぁ~

あれ?ゴミが溜まるって事は良くない潮やったのか??

よくわからんようになってきた(;’∀’)

超激流ポイント

ここのポイントは年無しおチヌ様実績ポイントでもあり、祭りポイントでもあるのは知っていました。今回の場合、仕掛け、落とし方を変えてからのおチヌ様3連発だったのですが、

時間でもおチヌ様とキビレさんは入れ替わる感じ。

そして、エイやハネの様な引きや動きを見せたmonster おチヌ様。

久しぶりにガッツリとやり取り出来てめっちゃ楽しかったです。

いやぁ、ほんまに凄かったなぁ。。。

それにしても、ここらへんのおチヌ様アベレージはほんま高いです。

結果短時間で結構な釣果を上げる事が出来、狙い通りにも行き、

かなり満足な朝練となりました。

本日使用のタックル

竿    ダイワ ロッド ブラックジャック スナイパー 落シ込ミ T-40UM

リール  ダイワ(Daiwa) リール 13 BJ 75D

道糸   サンライン(SUNLINE) ライン 黒鯛イズム 落とし込み黒鯛マークウィン 100m #2

ハリス  東レ(TORAY) ハリス トヨフロン スーパーLハード 50m 1.5号 ナチュラル

鈎    がまかつ(Gamakatsu) バラ 伊勢尼(黒) 8 6,7

餌    イガイ1枚内錘、ダンゴ

目印   25cmピッチ2.5m

スポンサーリンク
スポンサーリンク