【目印落とし込み】後編 神戸地波止ランガン~午後は神戸渡船 de 沖堤防へ。棚が変化し難しくも楽しい釣りでした。

この日の午前中は神戸地波止ランガンでおチヌ様ゲットし

【目印落とし込み】前編 神戸地波止ランガン~午後は神戸渡船 de 沖堤防へ。棚が変化し難しくも楽しい釣りでした。
 1週間経つのは早いなぁ~と言う事でこの休みも朝からおチヌ様ハントしてきました。愉快な仲間たちの予定を聞くと、兄貴は昼から参戦。マスターは会社のメンバーと...

午後からは兄貴課合致さん、インケツふささんと合流し神戸渡船で沖堤防へと行ってきました。

この場所は前回行った時、午後からはイマイチ楽しめなかったのですが、しばらく間も空き状況が変化し良くなってる事を期待して行ってきました。

【目印落とし込み】おチヌ様を求めてまたまた神戸渡船で沖堤防はしご(笑)朝はウハウハ・昼からは・・・
この日も神戸渡船さんの朝5時の便に乗り込み、沖堤防へと行ってきました。 朝イチはマスターと二人でゴボウへ。午後からは兄貴、課合致さんふささんと合流してウハ...

スポンサーリンク

神戸渡船 de 沖堤防

ド干潮のジレンマ

到着すると、とにかく暑いっっ!

しかし、南西よりの風も吹き、波ッ気もあり良い感じ。

けどド干潮((((;゚Д゚))))

当たりそうやけど、あかんやろなぁ。ジレンマの中落とし始めます。

見た感じは最強やなぁ・・・

兄貴は暑さもあり、誰かが竿曲げてからのスタートとの事で

「はよ釣れやw」

と日陰で休憩中(笑)

よっしゃ!はよ釣ってやろーかいな( ˘ω˘ )

先ずはバシャバシャしてる下の状況を確かめる為に第1投。

この雰囲気なら少し重めの仕掛けで落とします。

ん??

( ,,`・ω・´)ンンン?

表面は良い感じに見えるけど、水面下はほとんど動いていない?!

内錘の巻き数を減らしながら様子を伺います。

そして、前回の状況も踏まえ、きっちりと目印が入り切るまで探ります。

すると、目印を入れ切ってバカ糸も入れて、最後のしもり玉が水面下で確認出来る位の所で

グググッ

穂先が曲がります

グイーン

よっしゃー!速攻キター!!

合わせをいれ・・・・

スパンッ!

((((;゚Д゚))))

バラシ乙

周りで見ていた愉快な仲間たちの満面の笑み

くっそー!!

それを見ていた兄貴が、竿を持ち

ロレヤンがバラシたすぐ隣で・・・

アタリ確認横取り3000万パターン!!

速攻竿が曲がります((((;゚Д゚))))

スポーン!!

(一同爆笑)

兄貴も即バラシ(笑)

いや、それにしてもこのド干潮から連続でアタリがある事に、みんなテンションが上がります。

そしてみんな一斉に竿を出し落とし始めます。

課合致さんはテトラ修行との事(;^_^A

however アタリは多い

釣り場全体的に風が当たりバシャバシャしてるものの水面下はヌターっとしている中、比較的灯台側は潮が流れています。

兄貴は先端の方。ふささんと私はその灯台側

課合致さんはテトラー( ˘ω˘ )

先ずはふささんがゲット!


棚を聞くと、やはり目印入り切ったくらいとの事。

そしてその後すぐに私も


その後もやはり目印入り切った所でアタリが頻発しますが、

ショートバイトなのか乗りません(笑)

穂先が引き込まれ

グイーン

スポーン

連発です(笑)

ふささんも同じような状況ですが、上手く乗せてゲットしてますが

釣れば釣るほど


最小おチヌ様に向かってます(笑)

サイズアップの期待を込めて

ふささんの仕掛けは少し軽め。

少し重めにしてアピールする方がデカい奴には良いのかな~

二人でそう話しながら

私はというと、なんとか、このショートバイトを食わせると言うより、

仕掛けを重めにして落とすことで

デカいおチヌさまに食ってきてもらうかを検証する事に。

それに伴って仕掛けを変更します(独断と偏見で)

下にチャイチール君が居てるとなると、少し上までを重点的に探ってみようジャマイカ。

おチビさんが下に居てるなら大きいのは上。棚で分かれてるかも?という仮定のもとに。

(まぁ、それはあまり正解では無かったのですがww)

重めの錘を使ってガツンガツンと落とすことで、変化の少ない水面下に変化を持たせて落として行くという逆の発想。

一番最後の目印まで、目印に軽くテンションを掛けながら際を舐める様に落として行き、目印が入り切って残りのバカ糸の分は穂先を水面に着けテンションを掛けずにおとしていき、落とし切ってからはステイ。

(一応下も探るという未練がましいやり方w)

餌の重みを感じながらきっちりと際を落として行きます。

そして、やっぱり軽めにして下の方がよかったのかなぁ。。錘を巻きなおそうかと思ったその時。

半分ほど水面下に入った目印が(1ヒロちょいくらい)

ツツツツッ

うぉ!北!!

パシュッ

と手首を返し合わせをいれ

乗りました!

さらに掛けバレが怖いので追い合わせを入れます(笑)

ギューン!!

沖に走られます。

ここのおチヌ様はパワフル。そしてたまにキビレさんの様な走り方をします。

しかし、ここの釣り場のおチヌ様のパワーは神戸1、2を争うくらいの強烈なもの。

とにかく耐えて耐えて耐えます(笑)

たまにテンションを緩めてやり、おチヌ様が怯んだところで

シャコシャコシャコシャコ。

時には強引に

シャコシャコシャコ。

この引きでライン出せない様な釣り場だったら確実にラインブレイクしてしまう様な凄い引きを堪能します。

そして、

みんなから大好評非難の今年一番のウザイ顔でポーズを決め

上がって来たのは


サイズの割には超パワフルなおチヌ様!

この1枚を上げた事で上層にコマシなおチヌ様が居てる事を確信します。(結果そうでもなかったのですが)

そして、2ヒロまでの決め打ちに変更し手返し良く探って行きます。

時合いなのか上の棚におチヌ様が寄って来ていて

何度か乗らないショートバイトなアタリや掛けバラシもありながら

今度も目印が半分くらいで

ツンッ!

グッドサイズなおチヌ様。

ふささんもグッドサイズおチヌ様をゲットし

そして、続けざまに


おチヌ様を追加していきます。

棚が不安定?!

そして、ここからが大変でした。

上層でのアタリが減り、というか上層でも下層でもアタリがありますが、

なかなかしっかりとフッキングさせる事ができません。

サイズが小さいのかとも思いましたが、何となくかなりのショートバイトな感が否めません。

穂先を持って行くアタリで、今度は乗ったかと思えば、

パッ!

(´;ω;`)

アタッた!

うりゃッ

素鈎。

しかも色々な棚でアタッてくるので、逐一気を抜けません(;^_^A

しばらくそのショートバイトに翻弄されながらも、

その繊細なアタリを見極めて、


やはり、この子も貝が割られずじまい。

しかし、ハグキ de おチヌ様は嬉しい(^^

それから、途中でチャリコなどを追加しながらも、

なかなか繊細なアタリに翻弄されます(笑)

そして、辺りが暗くなり始めて、目印も見えにくくなった頃に

ハリスを馴染ませて、目印を2,3個送り込んだところで

パシュッ!

目印が走ります。

すかさず手首を返して合わせを入れます。

暗がりの中強烈なやり取りの後上がって来たのは


縞模様のきれいなパワフルおチヌ様。

かなり上層でアタッてきたので、もしかするとこれから時合いだったのかもしれませんが、

目印もほとんど見えないし、鈎を付け替えるのも大変なのでこれにて納竿としました。

まとめ

テクニカル沖堤防

久しぶりに来た(といっても10日ぶりくらい?釣りに行き過ぎてわからへんw)この堤防は

以前と違って、少しおチヌ様が戻ってきているように感じました。

しかし、棚はバラバラで、アタリも繊細なものが多く、

アタリがあっても掛けるのが難しく、掛けてもすぐ外れる。

なかなかテクニカルな状況でした。

途中から棚の決め打ち的な感じで落として行きましたが、もっと柔軟に色々な棚を探っていれば、もう少し釣果は望めたのかもしれませんが、

それ以上に、狙った棚で、狙った釣り方でおチヌ様をゲットする事が

難しくもあり、とても楽しかったです。

え?兄貴ですか??

8月20日 神戸渡船 : THE BLACK STALKER
13時の便に乗り込み       神戸沖提へ!そんでもって神戸港で一二を争うファイター達を相手に                             暗く...

しっかりとお釣り遊ばされておられマスター

本日使用のタックル

竿    ダイワ ロッド ブラックジャック スナイパー 落シ込ミ T-40UM

リール  ダイワ(Daiwa) リール 13 BJ 75D

道糸   サンライン(SUNLINE) ライン 黒鯛イズム 落とし込み黒鯛マークウィン 100m #2

ハリス  東レ(TORAY) ハリス トヨフロン スーパーLハード 50m 1.5号 ナチュラル

鈎    がまかつ(Gamakatsu) バラ 伊勢尼(黒) 8 6,7

餌    イガイ1枚内錘、ダンゴ

目印   25cmピッチ2.5m

おまけ

え?課合致さんは?って?

スポンサーリンク
スポンサーリンク