おチヌ様は白飯がお好き?!この時期(晩夏初秋)の餌は釣り場や時間や潮を考慮して使い分けるベシ | ローレルの釣りハマってます!!

おチヌ様は白飯がお好き?!この時期(晩夏初秋)の餌は釣り場や時間や潮を考慮して使い分けるベシ

土曜日はここ最近通っているストラクチャーフィールドへ朝練。

日曜日はここ最近のゲリラ豪雨などの雨の影響を避けるために大型河川の少ない西方面へと行ってきました。

スポンサーリンク

土曜日朝練ストラクチャー

この日はどうしてももっぷちゃんが行きたいとの事で

お付き合いする事に( ̄ー ̄)ニヤリ

釣り場に到着すると、先日行った時と同じようなええ感じの雰囲気。

 ここのおチヌ様は他の釣り場に比べてパワーゴイスーです。 見える場所には餌は確認できませんが、ストラクチャー奥についているのかもしれません。 目に見えているも…

そして、朝イチポツポツとあたり、

グッとコンディションのおチヌ様をゲットしました。

しかしその後アタリが無くなり、たまーにあたるも

その貴重なアタリを

掛けても大量のゴミに巻かれバラーシ(;’∀’)

その後、

チャイさんたちが釣れましたが、状況が悪くなったのかかなり微妙でした(*´Д`)

大阪近辺で連日のゲリラ的な豪雨の影響なのか、今回の大潮で魚が入れ替わったのか

今までとは状況が変わってしまった様に感じます。

ツボゲーからのイガイドリドリ

釣り場選び

前日朝練へ行った状況を考えると落とし込み釣りに於いて、一服という感じがしました。

(数日たつとまた状況は変わると思います)

その為、周りの釣果やそういった状況などを考慮し、釣り場を考えていた時に何カ所が候補があったのですが、たまたまある方からヒントを貰い釣り場を決定しました。

連日のゲリラ的な豪雨。イガイが落ちてしまった状況、

そしてその影響を受けやすい大阪周辺を避け

大きな河川が少ない西方面へと行く事に。

※結果としてこの考えが釣果に繋がりましたが、それはたまたまだったかと思います。

しかし、それは私の考えが浅はかなだけなのですが、そうやってなぜ?どうやったら?など考える事が重要だと私は考えています。

ツボゲー時速9枚

この日は落とし込みのパイセン2人と私の3人で頑張るんば予定です。

私以外の2人は前日も元気に一日釣りをされていたのでボチボチと準備されていたのですが、

私は元気モリモリで暗がりの内に準備してラインが見えると同時に落とし込み開始(笑)

ん?(。´・ω・)?私も朝練行っていたような、、、

パイセンがくる前に釣るだけ釣ってやろう作戦発動wwww


濁りが入って見えにくいですが、ウキウキウォッチング状態でバッコバコ

開始から1時間ちょいで

その1時間後には

※ケインコスギ=21(;’∀’)

2時間程でダブル行ってしまう位良く当たりイージーモードです。

ご一緒したパイセン方とダブルヒットしまくりで

潮が下がってきたら、フジツボからイガイへと餌をチェンジしてこれまたアタリマクリのイージーモード

キリが無いので、潮も下がりすぎでアタリが減ったところで(アタリはそれでもポツポツとある)休憩する事に。

午後からも最終的に潮も上がり切らない微妙な感じですが

開始早々から

午前程のイージーモードではなくなりましたが、ポツポツとずーっとアタリが途切れる事なく

ジェットストリームアタックも(*’▽’)

途中から50枚を意識しだし、意地になって暗くなってラインが見える限界で

なんとか50枚達成しました。

メジャーフィールドツボゲー

1日空けて火曜日、モップ氏がどうしても朝練へと行きたいというので

超メジャーフィールドでツボゲーする事に。

潮回りがあまり良く無いので危険な香りはしてましたが仕方なしに行ってきました(笑)

先を行くモップ氏が3アタリ1掛けでチャイチールだったので遊んでたらバレますた(*’▽’)

それ以降何もなし。

私はまだアタリ0

最近チヌの釣り方忘れましたわ(# ゚Д゚)

モップ氏がやさぐれていますwww

潮がどんどん上がってくるのでチャンスはあるかも?!

しかし、8時半までの限られた時間の中でそれは訪れるのでしょうか??

そんな事を思いながらも身体は帰る方向へ(笑)

最後に朝イチにおチヌ様が浮いているのが見えた場所で落としてから帰ろうという事になり、落として行くと


そして、またしばらく落として行くと


その後もう一回掛けたのですが、バラシ( ;∀;)

モップ氏の方を見ると価値にして18円くらいのしょうもない顔をしていましたので、

これで納竿となりました。


その後モップ氏は一度帰宅し、再度私が日曜日に行った場所へと行き

意地でおチヌ様ゲットしてますた(笑)

またまたツボゲー 

この日も潮回りは悪く、朝イチは潮が低い状況で、昼前からの潮でしたが色々と気になる事があり連チャンで朝練へと行く事に。

釣り場に着くと、風は無し。潮は低い上にスケスケボンバイエ。

しかし、おチヌ様はパラパラと確認できます。

潮は低いのでフジツボかイガイを使うか迷いましたが

朝イチ浮いているおチヌ様に対して実績の高いフジツボを使ってみる事に。

すると、おチヌ様は居てるのに、餌を落とすとピューっと逃げて行きます。

忍者釣法をしてみても、わずかな着水音と波紋で逃げます。

試しにイガイに変えてみても同じ。

どうやら、仕掛けと目印を嫌がってる感じがします。

そこで、忍者釣法を

忍者釣法極に変更し際から2,3歩離れて穂先だけを水面に出し、

壁を這わせながら仕掛けを落として行きます。

1投、2投、3投

その3投目を落としている時に

少し先におチヌ様が数匹見えます。

3投目を引き上げ、更に際から離れ

そのおチヌ様が居てる場所まで行き

穂先をギリギリに水面に出し、同じように餌を落として行くと

着水して直ぐに

パコーンッ!

と引っ手繰られ本日1枚目のおチヌ様ゲット。

なかなかシビアな展開ですが、とりあえずゲット出来ました。

そして、少し先(竿2本分よりも先)の際を確認しおチヌ様がいれば後ろへと下がり同じように落として行く事でボチボチとおチヌ様が食ってきてくれます。

結構な数が浮いていたので、試しにおチヌ様が視認できない場所でも同じように

忍者釣法極を発動して落としてみると

これも食ってきました。

その方法でボチボチ釣れて来たので、そろそろ活性が上がって来たのかと、

通常で落としてみると、やはり食ってきません(;^_^A

そうしているうちに風が出て、水面がざわついて来たので

目印を水面に這わせる落とし方

イガイドリドリに変えてやってみると反応が。

イガイドリドリで数枚ゲットして

再びフジツボに変えて落としてみると、

イガイドリドリよりも良い反応が。。。

やはり、風と波ッ気がでたものの、潮が透け気味で警戒心が強いのでしょうか、

目印を極力這わせないで落とす方が反応が良いです。

そんな事を色々考えながら落として時間切れで納竿となりました。

まとめ

フジツボを使う時って、潮が高く(フジツボの層が海水につかる位)で上層で食って来るイメージがありました。

日曜日の釣行は正にそれ状態で、潮が下がるとイガイの方が反応がよかったです。

火曜日はフジツボ縛りでやりましたが、結局アタッてきたのは潮が上がってからでした。

これは、魚自体が際に寄っておらず、潮が上がって魚が寄って来たからなのでしょうか

そして水曜日、潮がかなり低い状態での朝イチ、スケスケべた凪だったものの当たってくる時は上層1ヒロまでで、おチヌ様も浮いているものも多かったです。

という事は、潮云々もありますが、浮いていたら潮がどうであれ、おチヌ様もフジツボを食って来るという事が分かりました。

全個体がそうではなかったですが、唇が赤い個体も多かったです。

もちろん釣り場や状況によるので、一概に言えませんが、

この時期(晩夏初秋)は白い餌も用意しておく事が良いかもしれませんね。

そして、おチヌ様の居てる棚が下がって来たらフジツボよりも黒い餌(イガイ等)の方が反応が良くなりました。

秋のニオイがしてきましたね(笑)

そんな秋に上層ツンアタリツボゲー最高ですね(*´▽`*)

そして、今回の釣行で反応がよかったのが大きめのフジツボ。

※ロレツボ=私が作った、中身のないフジツボに中身を入れた疑似餌?的なもので、以前は中身にシリコンを入れていたのですが、それを辞め違うものを詰めたバージョンアップ?したものです=ロレツボ改

釣ったおチヌ様も腹がパンパンの個体も少なくお腹を空かせてるのでしょうか??

上記のツイートで書いたように、餌に向かって突進してくるようなアタリも多く、

BKY氏曰く、餌を小さくしていくのに比例してアタリも少なくなってきたともおっしゃっていたので、

視認性が良い大き目のものが正解だったのかもしれません。

全ては私的妄想です悪しからずご了承くださいませ(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク