【黒鯛落とし込み(ヘチ釣り、目印)】釣行記ダイジェスト(7月31日~8月9日)

前回に引き続き釣行記を

神戸7防は私にとってなかなか悔しい思い出がある釣り場の一つです。 落とし込みを始めた2016年のその年みんなで行った交流会、みんなは釣るのに、私だけ1枚も釣れ...

 

釣行記はニーズがないので、備忘録的な(;´Д`)

 

 

7月31日セル石朝練

梅雨の明ける前の7月末日

仕事前の朝練でセル石へ。

気合の4時便も

日に日に時合いが短くなってきてる感じ。

 

そろそろ夕方パチーンかなと思いつつ

 


9時便で上がって仕事に行きました(;´Д`)

 

8月2日神戸沖

 

 


先日ゲットしたラスターオレンジを入魂するために神戸沖へ。


とか言いつつ、ローライトの時間帯はイーズグリーンで開始。

 

なかなか渋い展開が続き、
じっくりネチネチ探っていると


珍しいwww

 

朝イチは全くダメダメでしたが、昼前からウキウキおチヌがお見えに。

 


しかし、際にはよらず、アタリもなかったので、

ぽーんと前にほったら釣れました笑

 

そして午後からはレジェンドと合流して沖堤防ハシゴで

ヘチに持ち替え、ラスターオレンジを装着し

 


なんとか形になりました:D

 

8月5日武庫川一文字

 

この日はまたまた仕事前の朝練で愉快な面々と数年ぶりのムコイチへ。

ウチオモリで上の段に載せて、剥がして下の段まで壁を叩きながら載せて、

下の段を剥がしてドーンの

なかなかテクニカルなパチーン

たまに上層で食ってくるけど、半分以上がこのパチーン(;´Д`)

そして、乗らないアタリも多々あり、苦戦しますが

丁寧にを心がけて、なんとか形になり11時便で帰りましたとさ

 

8月7日北港へ朝練

この日の朝練は愉快な面々と久しぶりの北港へ

到着と同時にパラパラとアタリがあります。

 

久しぶりの北港で感覚が鈍っていたのか、

もともと腕が悪いのか、乗らないアタリ、針ハズレも頻発で

手返しが悪くなかなか釣果が進みません。

 

しかし、飽きない程度のアタリはあるので、色々と試しながら落としていくと

 

 


どうやら、数年前に味わったデカイガイパチーンでカイデーおチヌ様。

ふわふわさせながら、落としていくと

おチヌのアタリ。

そのままちょっと深くなるとキーさんのアタリと

釣り分けできそうなパチーン。

 

しかし、先程も書いたように、手返しの悪さが手伝って、思ったように釣果が伸びず、

8時45分にやっと

 


朝イチは間がよく、途中から奥壁やら柱前でアタリ頻発と

アタリが出るポイントが目まぐるしく変化する中、

柱前で連発。

カイデーイガイが良く当たるのに、

チャイチーイガイは反応が悪いです。

では逆に超カイデーイガイ(7cm級)はどうだろうか?

と試してみたら(笑)

 

当たるけど乗らんwww

 

乗らないアタリをいかに掛けるか?が楽しく、気づけば終了の時間。

 

それから昼から仕事しましたとさ:D

 

8月9日朝練テトラ

この日はBJの交流会ですが、

私は仕事があるので、朝練のみ(;´Д`)

交流会もテトラなので、私もテトラへ→GO

 

少し思うところがあって、今回はカニさんオンリーで調査することに。

 


場所ミスでチャイチーと羅に翻弄されながらも

アタリは頻発でカニさん30消費(;´Д`)

なんとか40cmオーバー3枚ゲットでした

 

まとめ

見返すと、短時間ながらも、まぁまぁ釣りに行ってますね(笑)

今年のこの時期なのか、私自身の腕なのか、

アタリはあるのに乗らないパターンがどの釣り場でも頻発して起こっています。

 

なので、即合わせよりも気持ち待って(一瞬)合わせるほうが

掛かりが良かったりもします。

※もちろんその時の状況で変わる

 

そして、あたりまえではありますが、釣り場や時間等によってあたってくる棚も変わってきます。

 

そのあたってくる場所をいかに早く見つけ、今までのあたっていた場所から狙う場所を変えることができるかも釣果を上げるための重要なポイントであると思います。

 

そして、梅雨があけ、夏になり秋に向かうにつれて

朝よりも夕方が良くなってくるということもセオリーです。

 

朝練メインのワタシにとっては少しつらい時期になってきます(笑)

 

それでも釣りに行くんですけどね(;´Д`)