Re.禁断の平日釣行でポーアイ沖へ。スケスケのタフコンディションでなんとかミッションコンプリート

ほんまは仕事だけしようとおもってたのに。。。

若しくは行っても朝イチだけかなとおもってたのに、、、

ippマン…明日、ポーアイ行きますけど何か?!

悪魔の囁きが私の心に火を着けてしまいました((((;゚Д゚))))

週末台風やしなぁあ・・行けるか分からんしなぁ・・・

チョチョイと仕事の時間調整をして

平日禁断釣行へと行ってきました(笑)

この日は他の渡船は休みで松村渡船さんにお世話になりポーアイ沖を目指します。

スポンサーリンク

状況に応じたタックル選び

前日までの釣り友からの情報だと、週前半はかなり良かったそうですが、日に日に釣果が落ちてきてるとの事。

おチヌ様はめっちゃ居てるものの、潮はスケスケボンバーでおチヌ様は天才君。

目印を水面に着けただけでおチヌ様が逃げて行くのが見えるとの事。

しかし、気配を消して落とす事でええアタリも貰え、棚も深くないとの事。

これを踏まえて色々と考えると一つの結論に。

ここ最近のポーアイ沖はルアーマンより落とし込み師の方が多く、毎日人が入りまくっていて、人的プレッシャーでおチヌ様が警戒心が高くなり、食ってきていないのでは?

漠然と言えば、超忍者釣法を使えば仕掛けがなんであれ釣れるのでは??

という事は、落とす場所に対して、自身の立ち位置が出来るだけ離れてた方が良い筈。

そうならば、ヘチ竿で釣り場に対して竿を直角に出して出来るだけ際を離れるか、

出来るだけ離れた方が良いならば、竿は長めの方が良いよな。。。

ならば、落とし込み竿でヘチ釣りしたらどうやねんやろかいな( ̄ー ̄)

そうする事で、釣り場に対して直角で落とす事でヘチ竿よりも警戒心を和らげる事が出来るだろうし、立ち位置を際に近くすれば、斜めに竿を出して、少し先に居てる見えおチヌ様を狙う事も出来そう。

(単純な考え)

それをベースのタックルにして、

当日濁りが入っていれば、目印も出来るだろうし、ヘチ竿でヘチ釣りもできる。

更に、竿1本分前以上の所にもわんさかおチヌ様が居てるという話だから、今回の大潮で新しく魚が寄ってきてるのかもしれない。という事はそれが何かのきっかけでガッツリと際に寄って来てウハウハカモ(*´Д`)

それに風が吹いてバッシャバシャならばガンガン食って来るだろうから銀治郎MHを持って行こう。

そして、そんな状況でも食いが浅かった時の為にメタヘチも持って行こう。

という事で、当日は

BJ T-40UMとメタルチューンヘチ、銀治郎MH300の3本を用意して行きます。

ラインもフロロとナイロン両方用意しておきます。

気配さえ悟られなければ、結構雑な落とし方でも食って来るのでは?

(本当の所はおチヌ様に聞いて見ないとわかりませんが)

当日の状況変化を踏まえて3本竿を用意します。

まぁ、何にしろ、そうやって考えるのが好きなんです(;^_^A

結局スケベ野郎のポーアイ沖

松村渡船さんの1番船(4時半)で出発し、6防、8防、7防灯台、カーブ、そしてポーアイ沖へと順に向かっているうちに少しずつ明るくなってきて、水面を見てみると

透けてる(;^_^A

ポーアイ沖は更にスッケスケな予想は、外れてくれたら良いのに

しっかりと的中しました(笑)

そして、風は微風。水面がバシャバシャスルほどでもないです。けど体感的には涼しくええ感じ。

おチヌ様釣りにとっては‥‥微妙((((;゚Д゚))))

そう言った訳で(何の訳かワケワカメ)

当初想定していた状況なので、T40でヘチ釣りする事に

先ずは、朝イチモーニングサービスを狙いながらも忍者釣法(いつもより立ち位置を後ろに、そして餌の落とす場所を立ち位置から極力離す)で手返し良く落として行きます。

すると直ぐに

モーニングサービスゲット!!

そして、今度は少し際によって、斜めに竿を出すようにし、少し先を狙う落とし方で

浮いてるのおチヌ様を探します。

が、際によって浮いてるおチヌ様はほとんどいません。

その代わり、情報通り少し前にはおチヌ様が泳いでいるのがボチボチと見えます。

その中の1匹がゆらゆら~とゆっくり泳いでくるのが見えたので、

それに合わせて、際に餌をそっと落として行くと

シューッ

‥‥

ドーン!

ほほう。やる気ある奴おるねんな!!

そう思いながら、同じパターンで際を落として行くも

全くもって食いません。

もしや?!

そう思い、際から少し離れた場所から、

竿2本程前にポーンと貝を投入してみると

…‥

シューッ

ドーン!!

やっぱ食って北(*´Д`)

こうなってくると、なかなか厳しい展開が予想されます。

前で当たって、際で釣れんパティーン凸ニューか?

しかし、その後、前でも際でもアタランパティーンに((((;゚Д゚))))

これはダメだと思い、場所を変えるべく、

一気に小屋を越え、先端方面へ。

そして、人の少ない所を狙って内向きを落とすと。。。


とりあえず、人の少ない所を移動しもって忍者釣法を駆使して落として行くと

ポンポンッと釣れてくれます(*´▽`*)

そして、そういった状況を見た他の同業者が集まれば、今度は一気に先端から根元へ移動し

魚は居てるのは居てるので、しっかりとアジャストすれば

食ってきてくれます。

しかし、この日の状況では根元より看板より、先端よりの小屋付近がマシな感じで

人が少なくなるのを見計らって、またまた一気に先端方面へと移動(笑)

しかし、叩きすぎたのか外向きはイマイチだったので、

内向きで

さらに時間を空けて同じ内向きの同じ場所で

なんとか渋いながらもミッションコンプリート+1枚で10時の便でかえりましたとさ(*´Д`)

まとめ

連日落とし込み師に叩かれ過ぎたポーアイ沖は、平日にも関わらずかなりのシビアな状況でした。

かなり意識して落す場所、立ち位置を考えてやらないとあたってこなかったので、

下手すると全く釣れないという事になってたかもしれません。

この日は結局、予想していた

「人的プレッシャー」を攻略する事で食ってきたので

おチヌ様に気づかれなければ、アタリは分かり易い感じでした。

2号のフロロライン通し仕掛けでも食ってきたので、それが物語っていると思います。

そして、その「人的プレッシャー」を考える事で、

人のいない場所をフットワーク軽く移動して落とす事と、思い切って前を狙ってみる事。

そして、今の時期のセオリー?では外向きメインの所、内向きを狙ってみる等をやってみた結果が釣果に繋がりました。

午前中(10時まで)での結果なので、1日通して見るとまた状況は変わってくるかと思うので、それが1日の正解かどうかはわかりませんが、少なくとも午前中だけみれば、間違いでは無かったのかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク