【ヘチ釣り釣行記】パイプ虫を餌にヘチ釣りで黒鯛を狙ってきました。

なんやかんやでパイプ虫の釣りにハマってしまい

またまたパイプ虫ヘチ釣りに行ってきました。

 

3月7日プチ遠征ヘチ釣り

 

前回のパイプ虫ヘチ釣りの釣行から1週間

 

潮的には朝イチが一番よさげで

同行メンバーに無理を言って暗いうちからパイプ虫を取って

日の出と同時に竿を出せるパチーンで釣り開始。

竿は棚が深くとも感度ビンビンのメタヘチで。

 

そして始めること数十分の後、2連続バラーし

それ以降アタリナッシング。

その後、違う釣り場調査でアタリ皆無。

そして昼食後、帰ろうかと思いましたが、

同行していただいたBKYさんの了解をとって、

再び朝の場所へリベンジさせてもらうことにしました。

(BKYさんは午前中に1枚ゲットされています)

 

 

下げっぱなの潮で午後からはあまり良くなさそう。

 

 

しかし、水深のあるこの場所での、

パイプで食ってくる棚は深い(仮定)ので

潮位の低さはあまり関係ないでしょうと(BKYさん談)言うことで

 

ネチネチネチネチと底付近を意識しながら探っていくと

 

 

 

念願のボーズ逃れの1枚をゲット。

そして、数分後

 

ふわっ

ん??グググっ

そんなアタリで2枚目ゲット

 

そしてBKYさんからもおチヌ様ゲットの連絡。

さらに、底では無く上の方で当たるとのこと。

 

 

とりあえずおこぼれをあずかりたく

BKYさんの落としている方へ行くと

またもやBKYさん、竿を曲げてます。

 

 

状況を聞いて、そのように落としていくと

私もおこぼれをいただくことができました。

 

そして、さらに1枚追加でとりあえずリベンジできた形にはなりました。

 

それにしてもBKYさん、パターンがハマり

目印にアタリが出て連発。

私もヘチ竿でそのように落としてみますが、

アタリが出ません。

その横でBKYさん、また竿を曲げてます。

結局、私の釣果の倍は釣っておられました。

(くやしー)

 

3月11日手コキさんと朝練パイプ虫ヘチ釣り

 

前日の強い北風の後のほぼ風なしになるこの日、

狙い所もわかりやすい(私見)ので、どうしても釣りに行きたく

晩酌はんのお友達の手コキさんを誘って朝練をご一緒することに

 

この日のタックルはリンユウサイヘチスペシャルM300に

黒鯛工房のフロロを巻いておチヌ様を狙います。

created by Rinker
黒鯛工房
¥3,080(2021/10/23 10:58:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

しかし、これまた朝イチバラした後、アタリが皆無。

二人して全く何もありません。

しかし、8時半を過ぎた頃から気配が訪れ、

これまた自慢できることではありませんが、

2連発バラシ。

 

ここで手コキさんにもアタリがあった状況を伝え、

9時過ぎにやっとこさ1枚目。

手コキさんもパイプ虫で初となりおチヌ様を1枚ゲットされました。

 

その後、その時のパターンを見つけることができ、ぱらぱらとアタリがありますが、

パイプ虫特有?の散々やり取りした後の針外れを食らったりしながらも

なんとか2枚追加。

10時までに合計3枚の釣果を得ることができました。

 


 


その後帰って仕事だったのですが、ぐらんぐらんと船漕いてたのは言うまでもありません^^;

 

まとめ

昨年ではほとんど使用しなかったパイプ虫での釣りにハマってきました笑

 

パイプ虫は上層から底まで狙える万能餌で

厳しい冬の釣りには特に重宝します。

しかし、他の餌と違って狙い所も多いのも特徴で、それが逆に落とし方にブレが生じてしまうことも否めません。

 

私は水深のあるところで、底らへんを意識しての釣りでしたが、

BKYさんは上層も意識して

結果、目印にアタリが出る棚で釣果を上げていました。

 

そんなこともあれば、その次の手コキさんとの釣行では

底ステイドリームからの軽く誘い入れてまたステイの

底を意識した狙い方がヒットし、釣果を出すことができました。

また、同じ釣り場でもストラクチャーの場所では棚で食ってきました。

 

 

手コキさんもパイプ虫童貞で、先週はアタリが出るのに釣果に結びつきませんでした。

しかし、今回無事卒業することができ、パイプ虫でのヘチ釣りにハマって行きそうです笑

 

パイプ虫でのヘチ釣りは、未経験な人には少しハードル高い釣りなのかもしれません。

 

それは、パイプ虫を使って釣ることは難しいから

初心者、シロートさんが釣れるわけではないということでは無くて

 

未知の餌だからこそ

どうやって狙ったら良いのか??

どんな感じでアタリが出るのか??

そもそもパイプ虫でほんとに釣れるのか??

など、、

そのパイプ虫自体の餌としての信頼がまず無いのではないでしょうか?

 

私達が落とし込み釣りを始めたとき、

カニさんが一番釣れると信じ、

イガイというへんなもので、まさか黒鯛が釣れるなんて

微塵も思っていなかったのと同様のことが

パイプ虫でも起きているのではないかなと思います。

 

ここらへんの私見や心情は次の記事あたりでまた書こうと思っています。

 

それでは次回お楽しみに笑