【テトラ前打ち】おチヌ様魚雷発射のスケスケシャローテトラでバラーシのB。朝練でメタモンパワーでもやもや解消(笑)

日曜日。

釣り行ってたんです(´;ω;`)

テトラランガン釣行。

スポンサーリンク

日曜日テトラ前打ちランガン

朝イチ潮が低い時に兄貴と課合致さんとカニさん取りして

潮が上がるまでは、そこそこ水深のあるテトラで前打ち。

そして、潮が上がっ後は、ふささんも合流してドシャローテトラで前打ち。

結果、午前午後共に1バラーシずつで終了でした((((;゚Д゚))))

さすが兄貴はそれぞれの場所でしっかりと釣果を上げ、

ふささんもしっかりと釣果を上げてました。

バラーシきつい罠(´;ω;`)
ほんま下手やわぁ(´;ω;`)

火曜日朝練シャローテトラ

日曜日のモヤモヤを解消すべく、二日後の火曜日に大阪市内での仕事に合わせて朝練釣行。

しかし、朝練できる(日の出~8:30)帯はド干潮前後(*´Д`)

ドシャローなのにド干潮でも実績のあるポイントへと向かいます。

明るくなり仕掛けが見えると同時にスタートします。

このドシャローテトラは強引に引き摺り出さないとすぐに切られてしまうので、竿はメタモンをチョイスします。ラインは4号にハリスは3号。

干潮前で潮が動いており、際もバシャバシャして良い感じ。

浅すぎるので落として送り込んで行く感はほとんど無いのですが、

おチヌ様居てるんです。

そんな浅い所に居てるんです。

テトラとテトラの間や、裏、狙える場所一つ一つの穴に丁寧に落として行くと

チャイチール君が釣れました。

とりあえずBも免れたし、潮が低くても釣れる事を再確認し、期待を持って再び落として行きます。

落として行くと、10投目くらいでハリスが馴染んだくらいでそれ以上仕掛けが落ちて行かないので、テトラの上でも乗ったかな?と思いながらもゆっくりと聞き上げる様に竿を上げて行くと魚信が!

どっちや。繊細な方か、ゴリゴリな方か?どっちや、どっちのパターンや

分かってたはずなのに、一瞬(0.2秒くらい)迷った挙句、ここの釣り場は強引に行かなあかん場所やと思い出し、

(そのために今日の竿はメタモンやん)

うりゃぁ!!

おもいっきり合わしてやりました(笑)

そう。ここは強引に行かないとすぐに切られるんです(*´Д`)

そのままの勢いで一気に浮かせます。

デカい!

躊躇せずにそのまま空気を強引に吸わせます。

そして、空気を吸わせた状態で水面下に行かれない様にホールドしてそのままタモ入れ!

しっかりと唇にフッキング。

久々の良型おチヌ様をゲットする事が出来ました。(僅か30秒ほど)

( ´Д`)=3 フゥ

やったどー!

このテトラでのパワー勝負。

やめられまへんな(笑)

テトラ前打ちを始めた頃は、訳も分からずどんな状況でも強引にやり取りしてたのですが、

ちょっと慣れてくると、考えてしまう様になり、本来強引に行かなければならない所で、溜めなくても良いのに溜めて見たりして

結局テトラに巻かれてブレイクパターンが多かったのです。

この釣り場は正しくその強引に行かなければならない場所なんです(*”▽”)

興奮冷めやらぬまま次のおチヌ様を期待して落として行きます。

が、ド干潮を過ぎた辺りから潮がベタベタになって来て、さらに底の砂地が見える位スケスケになってきました。

結局カニを取られるアタリを1つ追加したのみで時間切れになりました。

まとめ

スケスケドシャローテトラ

朝練で、久しぶりの良型おチヌ様をゲットしましたが、この時間帯は雰囲気も良く際もバシャバシャしておチヌ様の警戒心も和らぐ状況でしたが、ド干潮以降はアタリもほとんど無く、厳しい状況になりました。

日曜日の釣行でもそうでしたが、そんなスケスケドシャローテトラでは

おチヌ様の警戒心もバリバリで、テトラを歩くだけで、その足元のテトラからまるで魚雷の様におチヌ様が沖に向かって発射されて逃げて行きます。

こりゃぁダメだと、出来るだけ忍者になりながら移動したり落としたりしますが、

どこで何をしてても

バシュッ!!

とおチヌ様魚雷が発射されました(笑)

それを考えると

私たちがおチヌ様を捉える前におチヌ様の方が私たちの事に気づいて逃げて行くと思うのですが、

そうなると餌となるカニさんを落とせばもちろんその餌が着水する時の音、またはそれ以前に竿の動きなどをおチヌ様に発見されておチヌ様が逃げて行くのは分かります。

しかし、竿も反対に向け(陸側)、ギリギリ際の水面が見えるか見えないか位で歩いたとしても

(もちろんこちらからはおチヌ様は見えない状態。そしておそらくおチヌ様からも見えない状態)

であったとしても

テトラ下からおチヌ様魚雷が発射されました。

おチヌ様もこちら側が見えてないのに、発射されるという事です。

という事はですよ。

おチヌ様は視覚に加えて聴覚もかなり敏感である事が分かります。

((((;゚Д゚))))ソンナンアタリマエデスヤン

際がバシャバシャしてる時は、その音はかき消されるのかもしれないですが、

潮がほとんど動いていない時等は私たちがテトラを移動する際の振動がテトラを伝って水面下に響き、その場所にいるおチヌ様に届き、警戒して逃げるという事が起こりうるのです。

いくら忍者釣法で足音を立てずに移動したとしても、そのちょっとした振動におチヌ様は敏感に反応していると仮定できます。

それを踏まえると、いくら潮が濁っていようと、ベタベタな潮であればその振動が水面下に届き、私たちからは濁っているのでもちろん視認する事は出来ないですが、

おチヌ様魚雷が発射されているのだと思います。

スケスケだとそれが見えるので、スケスケの時だけおチヌ様は警戒心が強いと私たちは思いがちなのかもしれません。

潮が濁っていると視覚的な防御はある程度できますが、ベタベタな潮での聴覚的な防御はより意識して行わないといけない事が分かりました。

特にシャローな釣り場であればあるほど、その視覚、聴覚共にダイレクトでおチヌ様に伝わりやすいのだと思います。

この時重要なのが、自身だけそれをやっていても、その他の釣り人がそれをやっていなければ同じです(笑)

濁って、バシャバシャしていると、視覚聴覚の防御がある程度その環境が行ってくれるので釣りやすいとも言いかえる事が出来ます。

そう。これでわかりましたね。

シャローテトラでおチヌ様を狙う時は

濁りが入って、バシャバシャしている時以外は、

他の人が居ないところへ率先して行き、出来るだけおチヌ様に発見されにくい位置で出来るだけ足音を立てない様にして竿を出すことが重要になってきます。

気配を消す事。これが一番重要なんですね。

忍者釣法改め、

超忍者釣法

で釣るべし。

(*”▽”)アタリマエデスヤン

いやぁ。それにしても足音も気を付けてるつもりやったけど、もっともっと意識していかなあかんねんねぁ…

P.S

そんな事意識しなくても釣れる時は釣れます

そんな時はみんな釣れるんです。しかし、シビアな状況であればあるほど、これが重要になってくるんですよぉ~

信じるか信じないかはあなた次第です!!

((´∀`*))ヶラヶラ

おまけ

冬の寒い時用に防寒、グリップ抜群のマムートの靴ええのん買うてしもた罠(*´Д`)

本日使用のタックル

スポンサーリンク
スポンサーリンク