リスクを覚悟の南港から大移動の結果、童心に帰ってしまう程の入れ食いに遭遇でみんなでキャッキャ言ってた件について | ローレルの釣りハマってます!!

リスクを覚悟の南港から大移動の結果、童心に帰ってしまう程の入れ食いに遭遇でみんなでキャッキャ言ってた件について

待ちに待ったゴールデンウィーク釣り三昧スペシャルがやってきました

(自分自身だけのスペシャル)

情報を色々と参考にし、仲間と相談しながら

南港へと決定しました。

スポンサーリンク

夢フィッシングさんでセル石へ

初日4月29日は

夢フィッシングさんの1番船で

落とし込みの聖地セル石へ。

この日のメンバーは

blackyさんとマスターと私の3人です。

元々はバラ石と新波止外向きが釣れているとの情報でしたので、

前打ちと目印両方とも準備して行ったのですが、

セル石を目の前にすると、

やはり上層での目印のアタリ、そしてイガイの内錘での釣りがしたくて

ウズウズ(笑)

で、セル石宇部波止で目印オンリーでおチヌ様を狙う事に。

久しぶりの目印ドリドリはかなり気持ち良ぇぇ(*´Д`)

潮の動き、高さ、落とす位置を調整しながら

顎下奥上層へと上手い事入って行きます。

そして、開始早々にアタリがあります。

これはウハウハパティーンちゃうかぁ~

これまた独り言満載で落とし進んで行きます。。

1時間経過…

2時間経過…‥

宇部波止も落とします

‥‥

(;^_^A

Ω\ζ°)チーン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

これはヤバイ!!!

大人数のフカセの方の何人か釣っておられましたが、それ以外は全く?!

(ほんの一握り?)

多少の濁りはあるが、なんかあまり良くない潮な感じ。

潮がマシな

バラ石行くか?それとも新波止に行くか??

とりあえず、このまま居てもシビアな釣りが予想されるので、

早々に見切りをつけて、9時で一旦上がって、どうするか考える事にしました。

南港から一気に移動!

夢フィッシングの船長さんは、一旦上がってから戻ってきてもオッケーですよー!

とお声掛け頂きましたので、南港のどの場所へ上がるかも考えましたが、

みんなの協議の結果、全く違う場所へ調査に行く事に。

この時期のこの釣り場は落とし込み師にとっては色々な理由から敬遠がちになる場所ですが、

リスク取らずして、ウハウハに出会えない。

そう言い聞かせてみんなで向かいます。

当たればウハウハ!外れればΩ\ζ°)チーン

中途半端はありません(笑)

正に

dead or alive

な釣り場です(ほんまか)

という事で、車を走らせ、昼食後すぐに落とし始めます。

やっぱりdeadやったか(*´Д`)

みんなで釣り場全体を満遍なく探ります。

しかし、落とせど落とせどアタリがありません。

ここはワカメのある釣り場で、ワカメに入れてやいやいして、落ちて行く場所を探し、上層、中層と落として行きます。

カニさんがワカメを掴み、なかなか落ちて行かないので、少し錘を重めにし、根元(際っ際)を狙いながらやいやいして、ワカメ下に潜むおチヌ様を狙います。

そして、1か所だけイケイケになっているスリットっぽい穴があるのですが、

そこにカニさんを入れ、ステイしていると

12時過ぎから落とし始めて、16時の時点でこのアタリ1回のみ

(*´Д`)

他のメンバーもアタリが無いそう(´;ω;`)

みんな心がポキ田さんになります(笑)

雰囲気は良さげ。潮も高いし風もある。

でも釣れない。

外したか?!

どんどんネガティブに(笑)

ここでblackyさんが、

ワカメ下狙うのに、カニさんをワカメの根元(際っ際)に入れて落として行くねんけど、

やっぱりワカメに引っ掛かって、それがアタリかどうかも分かりにくいし

ほんま

ワケワカメやわ

((((;゚Д゚))))え‥

ワケワカメ

ワケワカメ

ワケワカメ

ワケワカメ‥‥

ワケワカメってー!!!!

おやじギャグにしても甚だしいwwww

あの落し込みにストイックでクールなblackyさんがワケワカメて…

blackyさんすみません(笑)

やぱalive?!浮いてる?!

まだ早かったんかなぁ‥‥

そんな事を言いながら

ワケワカメ発言のblackyさんと雑談しながら休憩します。

夕方から魚浮いてくるんちゃうかなぁ…

妄想込みの前向き発言をしながら

blackyさんが水面をチラッと見ます。

浮いてる!!

マジすか!!

後は言葉はいりません。

それぞれ、だらけモードからスイッチが入り

黙々と落とし始めます。

私は餌をカニさんからイガイのダンゴに変え落とします。

1投、2投、食わんのか?食うのか??

釣れないのか?釣れるのか??

独り言モード全開で3投、4投と落として行きます。

釣れん。

何でや。

ワカメ下に居てるんか??

いや、浮いてるのが居てるねんから、

上狙いか?

いや、浮いてる数は少ない。

やっぱりワカメ下か??

いや、ワカメ中か???

そうや。ワカメに貝をのっけて、そのまま潮とワカメに任せて

やいやいさせといたらええんちゃうか??

ほな、勝手に落ちて行くやろし、

自分でやいやいせんでもええやん。

際にイガイを落として行き、ワカメに乗った所でステイ。

とりあえず、落として行き何かに引っ掛かったり、乗っかったりした所でステイします。

すると何かの拍子で餌がそこからポロッと落ち、また下(ワカメの中)へと送り込まれて行きます。

そんな落とし方をしていく事数投目。

餌のイガイがワカメの上に乗った時に

スパコーン!!

イガイが一気に引っ手繰られる様なアタリからの

gyるぎゅrぎゅる!!

北北キタキタキタ北

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ヤットキタでヤッパ北で!

浮いて北で!

時合いや時合い!

間違ってなかった!

粘り勝ちや!!

もちろんいつもの様に独り言全開でやり取りし

ヴィィィィィーン!!!

竿が曲がりおチヌ様が走り

それを耐えラインがビンビンな時に聞ける

(根掛かりをアタリと勘違いした時にも聞けるw)

いやらしい音を聞きながら

念願の1枚目のおチヌ様をゲット出来ました。

blackyさん

多分やけどカニちゃいます!貝です!!

カニでも当たるやろうけど、

パターン的に貝?!ちゃいますかー!!

少し離れた場所に居てるマスターにも電話で

マスター!貝やで貝!!間違いないっすわ!!

貝で1枚釣れただけで大はしゃぎ(笑)

しかもそれが正解の様に振舞います(爆笑)

しかし、今回はそれが功を奏したのか

程なくして

今度は際に餌を落として行きワカメに乗った時点でドーン


超浅棚!!

それはもうワケワカメ(*´Д`)

そこからは

ダブルヒットもありの

全員入れアタリの入れ食い状態!!!

ええ年したおっさん達が

キャッキャ言うてます(笑)

そして、更に入れアタリの中の

イレアタタタタタタタッ

ほぅわぁたぁっ!!

ケンシロウ状態になります

後は時合い中に何枚取れるかの勝負?!

少し離れた場所で落としているマスターから

こっちバコバコやで!!!

と電話がありました。

マスター!

こっちもバコバコっす~\(^o^)/

もう。どの場所もウハウハうきょーん状態!

そしてツイートする言葉も簡素にwww

結局3人で2時間で50枚程の釣果でした

(*´▽`*)

まとめ

リスクを負う事でウハウハに遭遇出来る

この日は結局アタリまくりの釣りまくりで時速7.5枚ゲットの15枚でした(*´Д`)

中にはハリス馴染ませる前に当たって来たのもあり、バラシも何度もありました。

きっちり取っていれば時速10枚行けてたかも?!

こういった状況に遭遇する為には

やはりリスクを負う事が不可欠だと思います。

釣れるかどうか分からない場所へ行く事はかなりの勇気が要ります。

それよりも釣果がそれなりに出ている釣り場へ行く方が幾分も気が楽です。

釣れなくても竿を出すだけで良い

という言葉を良く目にしますが、

釣れないより釣れた時の方が良いと思える筈です。

もちろん、今回の様なウハウハな状況でなくとも、色々考えて取れた1枚で満足な時もありますし、

短時間では無く、1日でこれだけ取れれば大満足な日もあります。

しかし、こういった状況下で満足の1枚とれたからええわ!

って人はおそらくですがいないでしょう。

その日その日の状況に応じて

満足できる事は変わると思います。

私が考えるには

数が取れる時は数取ればいいやん。

取れない時は、念願の1枚取ればいいやん。

です。

仲間が10数枚釣っているのに、自分だけ1枚で満足いくはずがありません。

少なくとも私はそうです。

そんな中では私は誰よりも釣りたいと思ってしまいます。

私以外の他の方はどうかわかりませんが、

おチヌ様に出会いたければリスクを負わなければその日の満足は得る事が出来ないと思います。

先に書いた、釣れている情報が無い釣り場へ行く事もリスクですし、

釣る為に人よりも早起きして早く釣り場に行く

これは睡眠時間を削るというリスクですし、

釣る為に他の人が使ってない餌を使う事もリスクですし、

満足を得るために時間を費やすという事は、他で得ていた可能性は失ってしまうという事です。

今回の例で行くと、

朝イチ南港で釣りをし、ダメだったので一旦上がりましたが、

バラ石、新波止は釣れているという事だったので

それに乗っかって行けばそれなりに釣果は出ていたかもしれません。

しかし、それを蹴ってまで大移動して違う釣り場、しかも落とし込み師が居てない様な釣り場へ行くという事はかなりのリスクです。

今回釣れましたが、もしかしたら全く釣れなかったという結果になってたかもしれません。

そうなると、南港でバラ石や新波止へ行ってた方がよかったと思ってたかもしれません。

もちろん大移動したのには、ただ闇雲にそうしたのでは無く、

もしかしたらの可能性があったので、それに賭けてみようと思えたのでそうしたのですが、

それは、リスクをゼロにする事は出来ないが、少なくする事は出来る(リスクヘッジ)という事です。

リスクを負うという事ではありますが、リスクもコントロールする事が出来るという事です。

(わかりにくいな)

簡単に言うと、

リスクをゼロには出来ないが、そのリスクを把握し、

例えば、釣れない、時間的ロス等。

出来るだけそれをコントロールし

そのリスクを自身はどれだけ負う事が出来るのかを明らかにし、

それを受け入れて行動すれば、いずれその満足を経験する事が出来ると思います。

もちろん人それぞれですが。。。

少なくとも私は、

周りが10枚釣れているのに、1枚しか釣れてないというのは、いかなる状況でも

嫌です(笑)

今回は

リスクを大きく負った分、リターンも大きかったです。

が、しかし、このゴールデンウィーク中にリスクを負って失敗した事もありました(笑)

それは、後に書くゴールデンウィーク記事に出てくると思います(;^_^A

スポンサーリンク
スポンサーリンク