【テトラ前打ち】シャローテトラで朝練はテクニカルでしたが考えて釣ったら面白い!アタリはやはりビンビンでした(*´Д`) | ローレルの釣りハマってます!!

【テトラ前打ち】シャローテトラで朝練はテクニカルでしたが考えて釣ったら面白い!アタリはやはりビンビンでした(*´Д`)

今回は久しぶりにシャローテトラで打ちたくなり、朝練へと行ってきました。

前回のテトラ同様にヘチフロロ通し仕掛けでおチヌ様を狙います。

あ、手抜き記事ですww

スポンサーリンク

シャローテトラ

朝イチ、潮は若干透け気味かな?と思いましたが、それも直ぐに解消され程よい濁りが入ってきました。

そして、アタリもポツポツと出始めて

早々にゲット

やはりヘチフロロ通し仕掛けでアタリビンビンです

が、なかなか乗りません。

やっと乗った!

と思ったらチビレさんでした。

その後も掛けては外れ、アタッテも乗らず

挙句の果てには、掛けて抜き上げて

ビヨンッ

となって唇切れ頻発でチャイチール

1発大きいのん掛けましたが、気を抜いていたのもあり、

テトラゴリゴリプチンで終了(笑)

再度気合を入れなおし、落として行きますが、

日が昇ってきたからなのか、アタリが減ります。

テトラの穴にも日が当たります。

それでアタリが出なくなったのか?と思い、今度は狙い方を変えて落とすと

アタリがボチボチと出始めます。

しかし、落とし方を間違えるとアタリマセン(*´Д`)

そんな中でしっかりと落とし方を意識し、合わせを入れて掛けますが何れもサイズが小さく、ナイロンより伸びが少ないのか、私の今までの合わせ方では強すぎるのか、

多分両方の理由が重なり合って、

唇プチンが3連続(笑)

そして、やっとそれなりのサイズのおチヌ様が来てくれて

朝練終了となりました!

ご一緒させていただいたippさんもしっかりとおチヌ様ゲットされてました(*´з`)

まとめ

前回の朝練でもいそうでしたが、

前回の大会の後で残業テトラへ行きましたが、アタリまくりだったのに、ゴリゴリブチン連発で取れたのは1枚。。  こりゃぁリベンジ釣行せざるをおえまーがでそ...

おチヌ様が天才君でした。

狙いの場所に直接餌を落とすと、その着水音等でおチヌ様が逃げて行ってしまいました。

前回のテトラでは少し沖目に仕掛けを投入してフォールで際に寄せて来た時にアタリがありましたが、

今回は狙いの穴から少し潮上から仕掛けを投入し、流して行きながらその穴まで持って行き、落として行く。しかも、その際に出来るだけ上層を流して行き、狙いの穴はシェードでないと当たってきませんでした。

逆に言えば、そのシェードに潮上から上手く送り込む事ができると当たって来るという事でした。

見えてるおチヌ様も居たので、大体の狙う場所は把握してたのですが、上手く寄せてくる事が難しく、苦労しました。

特にシャローな釣り場なので、そういった天才君が多い時は細心の忍者釣法が要されます(笑)

仕掛けの投入、そして回収までにも神経を張り巡らせます。

そして、その上で如何にアピールできるか。

その他にも色々試行錯誤してやっとアタリが出る。

しかも食い気も低く、アタリも繊細だったのですが、その繊細なアタリさえもビンビンに伝えてくれるフロロ通し仕掛けにも驚きました。

それに加えて、鈎を小さくする事で鈎掛かりを良くしたのですが、

結果チャイチール君とチビレさんが多かったのもあり、なかなかゲット数を増やす事はできませんでした。

もちろん中にはそこそこのサイズも居てましたが、この日は絶対数が少なく、また、私の詰めの甘さでどうしようもなくラインブレイクしてしまいました。

しかし、今回のシャローテトラは何をしても当たる訳ではなかったので、練習にはもってこいでした。

釣れる時は

ポーンとほったら釣れるのですが、

天才君が多い時、食いが浅い時等、普通に落としていても釣れない時に

どうやったらアタリが出せるのか?

そして、そのアタリを出す事が出来たら、

どうやってそれを食わせるのか、

そして、食わせる事が出来たら、どうやってフッキングさせるのか??

それを限られた時間、釣り場の中で一つ一つクリアして行き、

やっと釣った時の1枚

これもまたかなり気持ち良いですね!

バコバコ釣れるのももちろん楽しいですが(;^_^A

スポンサーリンク
スポンサーリンク