【テトラ前打ち】気温が下がった後のバッシャバシャになる風はあかん(*´Д`) | ローレルの釣りハマってます!!

【テトラ前打ち】気温が下がった後のバッシャバシャになる風はあかん(*´Д`)

前回のウハウハ朝練で良い思いをしたワタス。


ほんとは神戸の沖テトラ

に行きたかったのですが、午後からは風が強すぎるっぽいので、前回のウハウハポイントへと行く事に。

スポンサーリンク

テトラでウハウハ?!

この潮なら、朝イチから行けそう。

どっちにしても長くて13時までか。。

風は10時位から強く吹きだす。

朝イチパラパラの10時回って下げに入って凹べコパティーンやな(*´Д`)

そんな事を想像しながら師範と二人ウキウキで釣り場へと向かいます。

釣り場の真ん中からスタートし、左右に分かれて探り始めます。

先に仕掛けを準備出来た私が(師範は老眼でガイドにラインが通らないww)

濁りも最高。数投ポンポンと様子見ながら落としていると

6時07分、サイズは小さいものの早速1枚おチヌ様をゲット。

凹凹や。ぜったい今日ボコベコや

これで風も吹きだしたら、ほんまヤバイんちゃいますか?!

師範も私もテンションあがります。

案の定、それ以降アタリがポツポツと出て、ええ感じ。

しかーし!!

お得意のバラシ釣法で当たるのに、掛けるのに、タモ入れバラシ。

おチヌ様の顔を見てからのバラシはかなり精神的ダメージが(*´Д`)

そのバラシた中にはカイデーも、、、( ;∀;)

アタリ、バラシ、乗らない、乗ってもバラシ。

これを繰り返しながら1時間かけて、とうとう端っこまで到達。

(*´Д`)

へたくそや。ほんまへたくそや、、、

針を変え、カニさんの掛け方を変え、合わせ方をかえ、、何をどうしても外れる。。。。

いくら小さいノン多いからって外れすぎや、、、

そんな中で、7時17分やっと

2枚目のおチヌ様。。

カニさんだけが、どんどん消費されて行きます。

往は1時間、復は30分ほどで元のスタート位置に戻ってくると

師範も同じくらいにスタート地点へ。

状況を確認すると師範も同じパターンで乗らずバラス(*´Д`)

そうしているうちに風が吹き出し、テトラ帯はバシャバシャとええ感じの雰囲気になってきました。

折れた心を折れそうな心を補強し、後1時間気合を入れて頑張る事に。

これで当たらなければ、今日はあかん。

朝イチはべた凪、今はええ感じのバシャバシャ。

むしろ今からの方が釣れてくれな困る。

という事で再び1往復します。

結果、1アタリのみ

師範2アタリ。

Ω\ζ°)チーン

その後数カ所調査に行きますが、

どこ場所も微妙(*´Д`)

飯食ってへーこいて帰りましたとさ

まとめ

この日は全体的に厳しい感じが後になって分かりました。

その中で朝イチは小さいながらもアタリが多くあったのは良しとしないといけないのか??

否。

やはりカイデーやで(笑)

そして、この時期このサイズ(チャイチール君)が上がってくるのは状況が通年と違う一つの目安になります。

しかし、前回はそこそこええサイズも上がって来たし、この日もサイズのデカいのもいてました(バラシタケド)

今年は、そう考えると乗っ込みらしい乗っ込みって言うのはもう無いのかな?とも思います。

そして、今回は風が吹きバシャバシャし出した途端アタリが遠のきました。

やはり、寒い日の風があたるのは水温も下がって、おチヌ様にとって居心地がわるくなるのかもしれません。

私たち人間も天気予報の気温と比較して

この日は体感温度としては、かなり寒いと感じたので、気温だけでは図れない肌身で感じた事も重要視して行かなければなりません。

まぁ、まともに書いた風ですが、

結局この日はダメダメだっただす

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

さぁ、次はいつ釣りにいこかな。。。

おまけ。。


風がきつい中がんばりましたがボンネットにウォータースポット残ってるの見つかるし、、ホイールにはガリ傷あるし、、更には夜にまた雨降るし(分かってたけど)

スポンサーリンク
スポンサーリンク