2月の落とし込み釣りはアタリも少なく、同じ場所で粘るのかそれとも移動するのか?!己に克つ事でおチヌ様に出会えます | ローレルの釣りハマってます!!

2月の落とし込み釣りはアタリも少なく、同じ場所で粘るのかそれとも移動するのか?!己に克つ事でおチヌ様に出会えます

日曜日は1日ランガン釣行、そして火曜日、水曜日と朝練釣行してきました(‘ω’)ノ

粘るのか、移動するべきか、それはあなた次第です!!

スポンサーリンク

日曜日は南から西へランガン釣行

テトラ前打ち

日曜日は前打ちの釣り場が豊富な南方面へと遠征しワカメ調査。

朝イチから気合を入れておチヌ様を狙います。

しかし、肝心のワカメはチョロゲ程度あるかないかで

ワカメカメカメヤイヤイ釣法は期待できません。

しかもスッケスケ。予想外に同業者も多く、

おチヌ様も見えません。

先を行く同業者も竿が曲がってません

それでもテトラ裏や穴をを丁寧に探って行くと、丁度竿下辺りの穴でアタリからのタモ入れでしくじりバラシ(´;ω;`)

しかし、その後そのバラシた竿下辺りの穴を順に探って行くと

すぐにおチヌ様をゲット!!

そのバラシのあったライン上にある穴をメインにしっかりと探って行きます。

※テトラの落とし方の詳細は2年チョイ前落とし込み1年生の時に書いたこの記事、かなり出来上がっております(笑)

今も同じこと言ってるし、根本は変わってないです!

是非見てください。

  先日の釣行で「お手上げくん」に昇格し、さらに後日「お、お手上げくん」にランクアップしたワタクシローレルは、テトラに対する一抹の不安が大きくならな...

スケスケの潮でも、上記記事に書いている様に丁寧に落とし、しっかりと仕掛けを送り込む事でおチヌ様のアタリを貰う事が出来ました。

そして1枚目をゲットしてから20分後


やはり、同じラインでおチヌ様ゲット!!

そして、30分後

またもや同じ竿下辺りの穴で

その後、竿下ラインでのアタリが無くなったので他の場所も探りますが、全くもってアタラず

移動する事に(;^_^A

ヘチ釣り

今度はヘチで釣りたいという事で、高速を贅沢に使い

おチヌ様を求め西へ西へと向かいます。

しかし、朝イチのテトラ含めどこもスッケスケでなかなか厳しい状況。

そんな中、おチヌ様の魚影発見!!

どうやら上層の顎直下に居てるっぽい。

しかし、その顎下にカニさんを送り込むのがかなりむずい。。

ハリスを馴染ませ、ゆっくりと竿で落として行き顎下で潮が顎下へと引き込むのを待ち

潮がかすかに引っ張って来た時に丁寧にカニさんを送り込むと

その顎下奥の壁にカニさんが引っ付きます。

そのままステイドリームしていると

チッ!!

うりゃりゃりゃっ

ヨシッ

スポンッ

あ!!

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

このパティーンであたってくるんや。

しかし、スッケスケの天才君でアタリもかなり繊細ボンバイエ!!

何とか1枚しっかりとフッキングさせますが、ストラクチャーに巻かれてしまいラインブレイク(´;ω;`)

結局この場所で4掛け4バラシ( ノД`)シクシク…

せっかくのアタリをモノに出来ず更に西へと移動する事に。。。

しかし、どこも不発でたどり着いた数カ所目

ステイドリーム釣法炸裂で


ヘチ釣りでもおチヌ様ゲットする事が出来ました。

火曜日はヘチ釣り乗っ込み調査

水曜日に●っ●ちゃんから朝練のお誘いを受けているにも関わらず

ふと目覚めた火曜日。単独朝練に行く事に。

この日もやはりスケスケ!そんなに浅くない釣り場なのに底まで見えるwww

先週はここは棚で釣れたのですが、こんな状況だと棚では全くあたりませんえん(´;ω;`)

底狙いにシフトして、ステイドリームカニカニエクスプレスで

超繊細なアタリから


とりあえず一安心のおチヌ様ゲット。

その後もステイドリーム釣法でおチヌ様を狙って行きますが、なかなかアタリがありません。

しかし、ステイを少し長めに取ると

サイレントバイト2連チャン。

今日もアタリが繊細やなぁ。。。

そう思っていたら

ズッコーン!

と引っ手繰られるアタリから

その後少し落としますが、時間切れで納竿となりました。

水曜日は愉快な仲間たちと朝練ヘチ釣り

この日は●っ●ちゃんのお誘いで先週と同じメンバーで朝練へと繰り出します。

最後におチヌ様を釣ったのはかなり前の様な気がしてましたが、 今日の朝練調査は3アタリ2掛け1バラシ1枚渋かったけど、とりあえずおる!!メタヘチ打ち曲がり!も...

釣り場は前日と同じ場所。

前日よりも更に雰囲気はなさそうwww

先週と同じで、3手に分かれて探りますが

その予想は的中して開始から1時間全員アタリナッシング(*’▽’)

しかし、直後ふさおじさんからヒット!!

少ないながらアタリがあるそうで、私が探っている場所よりも可能性がありそう!!

しかも棚でアタルとの事。

という事で、こういう時は即移動(笑)

仲間と行くと広い釣り場を手分けして探れるから良いですよね(*’▽’)

そしてふささんの情報を元に狙って行くと


ウホホホホホッ

棚で北がな!!!

ほんでまた同じパティーンで落として行くと

 コンッて気持ち良いアタリから

これぞ乗っ込みっていう

パンパンのおチヌ様ゲット!!

その頃ふささんもほぼ同時にヒット!!

ここで私は時間切れで納竿となりました(‘ω’)ノ

まとめ

2月下旬は乗っ込みの気配を探りながらも、この時期に釣れそうな場所を探しながらの釣行いた。

風裏が良いのか、それとも風が当たってる方が良いのか

それがおチヌ様にとってどう影響するのか?そして、乗っ込み気配はあるのか?

前日の気温や風向き、潮は翌日にどう影響するのか?!

そして実際にどんな場所で釣れているのか?

考えれば考える程良く分からなくなっていきます(笑)

しかし、確実に言える事は

昨年よりも高い水温で底を打ってこれから少しずつ上昇して行くという事が

今年の釣果に大きく影響していると思います。

完全に気温も水温も下がり切った昨年は釣れる場所も限定されましたが、今年よりも選択範囲が少なく、絞り易かったです。

しかし、今年はその水温が下がり切った場合に選ぶ釣り場も釣れますし、

そうではなく、昨年のこの時期には行かなかった様な釣り場でも釣れています。

また、それに乗っ込みの気配が加わり、言ってみればタイミングさえ合えばどこでも釣れるだろうし、悪ければどこでも釣れない時は釣れない

どないやねんっ(# ゚Д゚)

という状況ばかりで

本当に運任せな感じでもあります(笑)

この時期にでもおチヌ様をゲットしようと思うなら、

先ずボーズを恐れずに釣りに行く事。

そうやって釣行回数を増やす事で

なんやら活性がやけに高いタイミングに遭遇する事も出来ます。

そう言うタイミングに遭遇しなくても、その自身の決めた釣り場で、しっかりと集中して落とし続ける事で釣果に恵まれる事も多いです。

その逆もしかり、早々に見切りをつけて移動する事で釣果に繋がる事もあります。

こればっかりはどちらが良いとは言えませんが

ここ最近の朝練釣行では

1時間で見切りをつけて違う場所に行くよりも

その自身が選んで決めた釣り場で自身が竿を出せる時間ギリギリまで粘る事の方が釣果に繋がる事が多いです。

しかし、1時間アタリ無くて、そのままやってもダメだボーズ喰らってしまう!!

移動すべきか、しないべきか、、、

そんな恐怖心などのネガティブ思考を持つ自分から克たないといけません

克己

です!!己に克つのです!!

そのまま落とし続けるか、移動するか、、

それはあなた次第です(笑)

皆さん、とにかくボーズを恐れずに釣りに行きましょ(*´Д`)

おまけ

●っ●ちゃん大先生はどうやったんですか?

私が仕事で帰った後、、、

泣きの・・・・

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

おつかれさまでした(*´Д`)

●っ●ちゃんの敗因は

おつまみみたいなカニさんを付けてたからですな(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク