テトラ前打ちはドシャローでカニカニエクスプレス着底ステイドリーム | ローレルの釣りハマってます!!

テトラ前打ちはドシャローでカニカニエクスプレス着底ステイドリーム

11月3,4日と連休だったので

またまたテトラボンバイエしてきました。

その時その時のハマる釣りがあって、ここ最近はテトラ前打ちにハマっております(笑)

両日とも小潮で午前中は潮が低く、狙いのドシャローテトラは厳しいので

午後からをメインと考え3日の午前中は餌のカニさん採取(二日分と釣り友の分で300匹オーバーゲット)と釣り場探索して時間を潰し、

午後からは野々ちゃんと合流してドシャローテトラを攻める事に。

4日は午前中はゆっくりとし午後からはチャーちゃんといつものドシャローテトラへ行ってきました。

スポンサーリンク

3日テトラ前打ちカニカニエクスプレス

野々ちゃんとの待ち合わせは14時だったのですが、時間を持て余していたので、先に始める事に。

写真では少し分かりにくいですが、濁りも入って波ッ気もあり悪くない感じ。

むしろ良い感じの雰囲気です。

しばらく集中して落として行くと

着底ステイからの聞き合わせで

早速ええサイズのおチヌ様が来てくれました。

しかし、それ以降野々ちゃんも合流して二人して落として行きますが、極小アタリが数回あったものの乗らず、協議の結果ドシャローテトラからノットドシャローテトラへと移動する事に。

移動するとこれまた雰囲気良さげ!もうバコバコの予感しかしません。

すると開始早々野々ちゃんゲットし、その後私もゲット。

その後しばらく落として1枚追加するもチャイチールで

雰囲気の割には釣果がしょぼかったです(笑)

途中、餌釣りかフカセ釣りかわからん釣りをしているおじさまに話しかけられ、

ここは竿下ででっかいの釣れたどー!!

と自慢されたので、悔しいながらも状況を聞いて見たら夏のお話でしたので、

それ以降無視してやりました(笑)

4日テトラ前打ちカニカニエクスプレス

12時にチャーちゃんと待ち合わせし、前日に用意した大量のカニさんを携えて釣り場へと向かいます。

この日の釣り場はここ最近私が通っているドシャローの釣り場です。

アタリが多いがチャイチールも多く、その中にカイデーが混ざる

ハマっているポイントです(笑)

チャーちゃんにも、これだけカニを準備する理由を説明し、二人で落として行きます。

すると、いつもと同じようにアタリがありますが、なかなか乗りません\(^o^)/

しかも、前回来た時とは違い、キビレさん(しかも手のひらサイズ)が増えてる様で、

なかなか本命のおチヌ様が来てくれません。

やっと来たと思ってもチャイチール(;’∀’)

それでもアタリが出る事に喜びを感じながら、際、竿下、前、落とし方、など色々と考えながら、本命のおチヌ様を狙って行きます。

そして、やっと


前回までは、なかなか正解がわかりませんでしたが、この日は竿下より少し手前で深めの穴でロングステイドリームでそこそこのサイズが出ます。


アタリが一番多くでるのは丁度竿下あたりなのですが、

豪快なアタリのチャイチール君が多めです


そして、竿下少し手前を重点的に、そしていつ状況が変わっても良い様に、際っ際、際、前、色々な場所を落として行きます。

途中、仲間が二人登場で4人で落として行きます。

すると時間と共にアタリが増えて来ますが、やはり乗りません。

そして、先程と同じ様に竿下少し手前でロングステイしていると


そこそこのサイズのおチヌ様が食ってきてくれます。

今度は竿下少し手前を中心に狙って行くと


ええアタリで良型おチヌ様が連発で食ってきてくれます


しかし、時合いはその時だけで、日の入りと共に微妙な感じで


1枚追加して納竿となりました。

まとめ

餌が無いやら、魚が食ってこないやら、壁での落とし込みは

その魚の食い気と魚が居てる場所、餌を求めて回ってくる場所に遭遇する事が重要で、

その場所に遭遇する事が出来たら数もサイズもそこそこのおチヌ様の数釣りができます。

テトラは、所謂ストラクチャーフィールドなので、そういった回遊してくるおチヌ様を見つけずとも、居着きのおチヌ様が沢山いております。

それに以前の様に回遊のおチヌ様も入ってきたらボッコボコなのですが、そうでなくても

比較的アタリはでますし、数釣りも可能です。

それにシャローという条件を加える事で更にその結果は良くなります。

シャローにはこの時期にでも餌が付いている

と、おチヌ様も本能的に覚えており(仮定)比較的サイズもでます。

とはいえ、壁でも釣りたいなぁ(笑)

今週末はどないしよかな

スポンサーリンク
スポンサーリンク