【目印落とし込み】2020年1月でもハング×フジツボで目印にアタリが出る上層で食って来るおチヌ様 | ローレルの釣りハマってます!!

【目印落とし込み】2020年1月でもハング×フジツボで目印にアタリが出る上層で食って来るおチヌ様

2020年明けましたね。

正月は流石に色々と所用がありますが、その合間を縫って元日から竿を出して来ました(笑)

スポンサーリンク

2020年元日ハング×フジツボ

北風ビュービュー!気温がピークになる昼過ぎから散歩へ。それでも、風が冷たく、さぶーい・・・(>_<)釣りへ向かいつつも、まだ釣り場選びに悩む。壁には浮いてない…

BKYさんの記事を参考に

ハング×フジツボ(ロレツボ)を使って攻める事に。

もちろんこの時期定番のドシャローテトラも視野にありましたが、

年末に結果を出す事が出来ましたので、

やはり目印萌えがこの時期でも味わえるなら、、とののちゃんと二人で攻めてきました。

釣り場は爆風バッシャバシャ。

その中で目印で落とし込んで行きます

ののちゃんはパイルハング。

私はプチハングを

二手に分かれておチヌ様を探して行きますが、

私は全くアタリがありません。

しばらくするとののちゃんからラインが入ります

アタルぜコンチクショウww

そのままパイルハングへε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

アタリがあった場所を念入りに探って行きますが、

微妙。。。

しかし、めげずに落とし続けて行くと


心地よい目印が走るアタリからごっついのんが来ました。

初おチヌ様が53.5㎝

幸先良さそうです(笑)

更に、二人で念入りに落として行くと


飽きない程度にアタリがあり、しかも上層で。

バラシも何度かありましたが、

この寒い元日にええ感じでおチヌ様の顔を見る事ができました。

1月2日餌探し

この日は午前中時間が空いたので超短時間で違う場所へ調査へ行きましたが、

まったく反応無しで直ぐに止め

その後フジツボを探しに行く事に。

色んな所を探して行くと


発見!!

テンションあがります(笑)

時間も無くなったので

帰宅し、軽く洗浄して次の釣行準備してこの日は終わりました。

1月3日ドシャローテトラからのハング×フジツボ

潮位の高い時間帯(とは言えそんなに高くならないけど)を狙って、昼前から昨日の場所へBKYさんとキビTRさんと行く事に。

しかし、なんとなくいつも通り早く目が覚めたので超メジャーポイントのハング×フジツボフィールドへと行ってみる事に。

しかし、その場所には釣り人がわんさか(;^_^A

竿を出す気も無くなり、どうしようかと考えた結果、

風もボチボチ吹いていたので、潮は低いがドシャローテトラ調査する事に。

釣り場に着くと濁りも風もGood !

しかし、潮は低い。

それでもなんとか集中して落として、

ええサイズのおチヌ様を1枚ゲット出来ました。

その後仮眠をとってご飯たべた後、みんなと待ち合わせて

ハング×フジツボフィールドへ。

前日よりも潮が低く、ハング顎下が見えている状態での厳しい条件の元みんなで落とし始めます。

するとBKYさんにヒット、その後しばらくしてキビTRさんにヒット

私はまだノーアタ(;^_^A

それでもめげずに落として行きます。

顎下が出ていますので、如何にその奥に仕掛けを送り込むかが重要ですが

潮が出たり入ったりの状態で、なかなかうまく送り込めません。

潮が高く顎下が水面下になれば、その顎直下に餌を食うおチヌ様が付くのですが、

この日はそうでは無く、奥のパイルに仕掛けを送り込めるかがポイントになります。

フジツボに対して錘の調整を幾度と繰り返し、

やっとの事で

おチヌ様をゲットできました。

その後も潮の状況が刻々と変化するので、マメに錘や落とし方を調整して、

入る潮よりも出て行く潮の方が強く、目印を水面に真っ直ぐ浮かべると引っ張る抵抗が強くなるので、目印を水面に渦を巻くように浮かべてなるべく餌と潮の引っ張りに抵抗を与えない様にします。

または、際にフジツボを投入し、潮の押し引きに合わせて送り込み、

目印を浮かべず1つずつ送り込んだり、


仕掛けが軽すぎて、波と風で落ちて行かない事もあり、錘を何度も何度もその場に応じて変更します。

とにかく、この日共通して言えた事は、目印を張らない様に意識する事で出来るだけ仕掛けをハング奥に送り込む事が出来ました。

途中アタリがピタッと止まり、更には風も強く、何度も心が折れそうになりましたが、

心ポキポキ度80%位になるとアタリが出ます(笑)

1流しアタリが1~2回。その中で釣果を積み重ねて行きます。

適当にやってもアタリを出す事が出来ず、且つアタリの数も少ないので

かなり集中して落とします。

それを続ける事で

期待に応えてくれるので、やめられません(笑)

しかも当たってくる時は上層。目印にしっかりとアタリがでます!

ほんまやめられません(笑)

集中していると気が付けば16時を回っており、最後ひと頑張りして


これで満足して納竿となりました。

まとめ

大晦日、元日~3日まで釣りに囲まれた休みでした(笑)

正味朝から夕方まで釣りしたのは3日だけでしたが、

どの日も納得の出来る釣りになりました。

昨シーズンまでだと、この時期は風裏やドシャロー狙い、餌はカニか青コガネ

というパターンで、風が強く当たる場所は水温も下がるし、逆に良く無いと考えて釣行していましたが、

今シーズンは新たな発見をする事が出来ました。

ここ最近の傾向では、風が強ければハングフィールドやテトラなどのストラクチャーフィールド、風が無ければ壁でまだまだ上層で食ってきました。

上記の場所では比較的サイズも大きく

掛かれば、おチヌ様も元気でガンガン引きます。

逆に風が強く当たる壁は隠れる場所が無いのか、風が無い時に比べて魚の数が激減する様に感じました。

また、ハングも浅めなハングよりも、より奥まで入っている方がアタリが多い様に感じました

かつ、そのハングの顎が水面下にある方が良い傾向でした。

もちろん状況は日々変化しますので、一概には言えませんが、

場所選びが重要にはなってくるのですが、この時期でも、まだまだ上層で食って来るおチヌ様が居てる事は事実です。

以前の記事に書いた事のある

自分勝手ルール

に惑わされることなく、色々やってみる事、試してみる事、

それが釣果に繋がるんだと再確認出来ました。

そして、この時期に釣果に繋がる一番の条件は

折れない心

です

風も強いし、寒い、けど、それをも忘れさせるくらい楽しい落とし込み釣り

今年もガンガンいきまっせー(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク